カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

NATSUMI KOBAYASHI 「THERE AND OVER THERE」



この度、小林夏美の版画展を開催いたします。
2019-2020の記録です。

-

ずっと遠くのそこに着いたとき、ああたしかにあったのだなと思いました。 そしてここにもそれはあるのでしょう。





NATSUMI KOBAYASHI 「THERE AND OVER THERE」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年11月7日(土)→11月23日(月・祝)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books





小林夏美 NATSUMI KOBAYASHI
版画作家。リトグラフを基にした版を用いモノプリントを制作している。
HB Gallery File Competition Vol.28 鈴木成一賞
暮しの手帖連載「あの時のわたし」挿絵担当中。
https://www.kobayashinatsumi.com
instagram: @natsumikobayashi_p







おおはしたくま 個展 そうぞうするかんけい




紙に描き置かれたオブジェとことば。
その二つの関係を想像することが本展のテーマです。
顔が描かれたオブジェと、その近くに置かれることばとの関係に、
ぼくは勝手に想像を膨らませては心を動かされてしまいます。
紙の間に確かに存在する不確かな関係に何を見るか。
ぜひ会場でご覧ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。





おおはしたくま 個展 「そうぞうするかんけい」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年10月14日(水)→10月19日(月)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00/最終日は16:00まで)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books





おおはしたくま
1997年愛知県生まれ。
主に絵とことばの間を想像することをテーマに作品を制作。
instagram: @ohashi_takuma
Twitter: @ohashi_takuma














JTCW2020 丸亀うちわ × 林青那



「JAPAN TRADITIONALCRAFTS WEEK 2020」期間中、dessinでは「丸亀うちわ」を展示販売いたします。特別企画として、林青那の絵付けによる丸亀うちわを限定販売いたします。印刷ではなく、手書きの原画を伝統工芸士・三谷順子がうちわに仕立てた全て絵柄の異なる一点ものです。ほかにも、三谷順子による色あざやかな「小判色和紙渋うちわ」などが並びます。この機会にお手にとってご覧いただければ幸いです。





JTCW2020 丸亀うちわ × 林青那
会場:dessin | デッサン
会期:2020年9月4日(金)→ 9月17日(木)
時間:12:00 - 18:00
入場:無料
協力:株式会社OIKAZE
instagram: @dessin_books

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK(JTCW)
日本各地で作られる「伝統的工芸品」を東京の30のライフスタイルショップで紹介し、「創り手」「売り手」「使い手」を繋ぐ、年に一度、14日間だけの応援イベント。 https://jtcw.jp/2020/





プロフィール:

林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター / 画家
桑沢デザイン研究所卒業 / 東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
https://www.aonahayashi.com
instagram: @aonahayashi



三谷 順子 Junko Mitani
「丸亀うちわ後継者育成講座」第1期生(1999年)。 講座終了後も伝統工芸士に師事し、本格的修行に入る。 骨の第1人者である冨羽昇三朗氏からは「早い作業でいいものを作ること。数をこなし手間を惜しまず」、貼りの第1人者である早川喜美子氏 からは「買う人の身になり、手に取って見てもらえるものを」、と教えられ、 以来約20年技を磨き続けている。
2001年、講座受講生が運営する「うちわ工房 竹」を丸亀城内にオープン。観光客向けに実演をしながら土産品となる竹うちわを日々制作。 自宅にも「うちわ工房 三谷」を構え、独自の作品の制作にも取り組む。 現在の目標は、時代に応じた新たな作品づくりをし、若い世代に技術の伝承をしていくこと。

2005年第30回全国伝統的工芸品コンクール 生活賞受賞
2010年度グッドデザイン賞特別賞 / 中小企業庁長 官賞受賞
2019年度かがわ県産品コンクール 知事賞(最優秀賞)受賞
https://marugameuchiwa.jp






木村高一郎 写真展「ことば」




この度、木村高一郎 写真展 「ことば」を開催致します。

自宅の天井にカメラを設置し、自動で10分毎に2年間撮影し続けた結果、約10万枚の膨大な作品が作り出されました。
そこには、偽りのない家族の肖像が写し出されています。仲睦まじく寝ている親子、昼寝する息子、読書する母親など、その光景はまるで会話をしているようでもあり、 もはやそこには”ことば”は必要ないのかもしれません。

「他人の家を覗き込んでいるような、見守っているような、絵本をみているかのような、そんな写真になればいいなと。」と木村は語っています。
この作品をみていただき、家族のきずなを考える機会になれば幸いです。



木村高一郎 写真展 「ことば」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年9月25日(金)→10月11日(日)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00/最終日は17:00まで)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books



略歴
木村高一郎 Koichiro Kimura
1975年生まれ
千葉県出身
京都芸術大学 中退
URL: http://koichirokimura.com


個展
2014年  「ことば」展   EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2015年  「境界線」展   Soup/落合
2017年  「ともだち」展  EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2018年  「ともだち」展  MARÜTE GALLERY
2018年  「ことば」展   キチジョウジギャラリー
2019年  「ともだち」展  B-PLATFORM ソウル
2020年  「ことば」展   うしお画廊 


グループ展
2012年  3331EXPO 3331 ArtsChiyoda
2014年  The epSITE Selections EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2014年  写真新世紀 東京展 2014 東京都写真美術館
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 田園城市(台湾・台北)
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 綠光+marüte(台湾・台中)
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 高雄市立歷史博物館(台湾・高雄)


写真集
2017年  『ともだち』(リブロアルテ)
2017年  『ことば』 (リブロアルテ)


受賞歴
2014年  写真新世紀 佳作 (椹木野衣 選)
2017年  日本ブックデザイン賞 ブックデザイン・パブリッシング部門銅の本賞入賞『ことば』
2017年  日本ブックデザイン賞 ブックデザイン・パブリッシング部門入選『ともだち』









大塚文香「FACES」



この度、dessinにて大塚文香個展「FACES」を開催致します。最もその人を表していながら、鏡や映像を通してしか見ることができない自分の顔。近くにありながら、決して辿り着けないという困難が、その魅力の一つでもある「顔」をテーマに制作していただきました。今回はプリントとドローイングを組み合わせた作品となります。マスクをつけて会場、もしくはオンラインにてご覧ください。



ひとりのときは無意識に、鏡で顔を見てしまう。

鏡にうつるわたしの顔、
写真にうつるわたしの顔、
あなたにうつるわたしの顔。

どこにも映っていない顔は、一体どんなものだろう。

(大塚文香)




大塚文香「FACES」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年8月21日(金)→ 8月30日(日)
時間:12:00 - 18:00 、日曜日のみ13:00 - 18:00
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books



大塚文香 ayaka otsuka
イラストレーター
1989年 滋賀県うまれ、東京都在住
京都精華大学イラストレーションコース卒業

2019年『イラストレーション』第211回ザ・チョイス入選(佐藤亜沙美氏 審査)
2020年 HB Gallery File Competition vol.30 永井裕明賞

twitter: @ayakaootsuka
instagram: @ayakaootsuka




Eiko Sasaki「Open the Window」



この度、dessinにて、ササキエイコの個展「Open the Window」を開催いたします。 本展は実際に会場ではご覧いただくことはできません。オンラインでのみご覧いただける展示となります。

COVID-19、ウィルスの影響で外出を控えた日常における、窓を開くという行為。それは、光や風を呼び込んで室内を解放する為や、社会における他者への配慮として、より意識されるようになりました。

ササキエイコが紙片をコラージュして作った窓は、その様な環境や意識の変化を象徴するだけではなく、先の見えない状況下で揺れる私たちの感情を拾い集めて作られているようにも見えます。

窓からどのような景色が見えるのか、この機会にどうぞご覧ください。





Eiko Sasaki「Open the Window」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年5月22日(金)→ 5月31日(日)
時間:00:00 - 24:00
入場:不可
instagram: @dessin_books





ササキエイコ Eiko Sasaki
アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作。
「HB Gallery File Competition Vol.24」永井裕明賞。
最近の主な仕事に『邂逅 クンデラ文学・芸術論集』装画、ACTUSのアパレルライン「eauk」デビュービジュアルのアートワークなど。
twitter: @e_k_s_s_k
instagram: @e_k_s_s_k









金 玖美「EXIT ー in the Room ー」



ちょうど1年前の3月末に写真集『EXIT』上梓以来、
全国を旅するように東京~広島の10カ所以上で
展示およびトークショーをおこなってきた。
現在はパリの写真美術館やロンドンの書店にも並ぶようになる。

そして今年1月、3度目の延期を経てイギリスは、BREXIT (=EU離脱) に踏み切った。
2000年代初頭に暮らした英国での多様性に惹かれ撮影した人々と情景。
また、2016年以降訪れて対峙したBREXITの断片。

今回の写真展では
英国に8年間にわたって居住経験のある、
SPURやELLE Japonなどで活躍中のスタイリスト
吉田佳世 Kayo Yoshida とともに展示空間を構成をしている。

ロンドンに暮らす女の子の部屋のような空間を、
撮り下ろしを含む写真とともに体感してください。





金 玖美「EXIT ー in the Room ー」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年3月28日(土)→ 4月12日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料





PROFILE

金 玖美 (きん くみ)
京都府出身。幼少の頃から英国に惹かれる。大学の写真部をきっかけに写真を始める。
マガジンハウスにて専属フォトグラファーを経て渡英。London College of Communication にてコースを修了。
帰国後、東京を拠点としポートレートやファッションを中心に国内外の広告や雑誌で活動。
2児の母。息子たちと共に英国を再訪・撮影し制作した写真集『EXIT』を発表。
http://www.koomikim.com


吉田 佳世(よしだ かよ)
北海道生まれ。20歳で渡英、ロンドンに8年在住し帰国。イギリスのカルチャー全てを愛す。
モード誌を中心に、アーティストのスタイリングまで幅広く活躍。
http://kayoyoshida.com












谷このみ International Tour in TOKYO「ええのんみつけた」展





ペインティングを中心とした作品を 意欲的に作り続けている絵描き・谷このみの ドローイング作品集「ええのん」。 まだ形とならないなにものか、 その気配や色、線を集めて束ねました。 鳥取─スイス─大阪と旅している作品集「ええのん」発売記念として International Tour in TOKYO「ええのんみつけた」展を開催いたします。 春を嗅ぎつけもぞもぞしはじめた新作を携えての展覧会です。 ぜひご高覧ください。



谷このみ International Tour in TOKYO ドローイング作品集「ええのん」発売記念展 「ええのんみつけた」
会場:dessin | デッサン
会期:2月29日[土]─3月15日[日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00(最終日のみ17:00)
入場:無料



谷このみ[たに・このみ]
1987年大阪府生まれ。京都在住。2012年京都精華大学デザイン学部イラストレーションコース卒業。
OPUS DESIGN SCHOOLでデザインも学ぶ。2018年道後オンセナート出品。
イラストレーション第207回ザ・チョイス(長場雄氏審査)入選。
新刊「ちぎれそうです」printed by hand saw press kyoto。好物は明太子と卵。
最近の主な個展…… 「タオルがにおう」ホホホ座/京都│「なぞの生命」汽水空港 小屋/鳥取 「なにわ」PANTALOON/大阪
twitter: @tanikonomi│instagram: @konomitani

「ええのん」谷このみ│3500yen+tax│pct / oubon 第一版150部 +第二版200部│B5│約100作品収録│紙こより中綴じ│レーザー+リソグラフ│全13種の用紙を使用 作品セレクション+デザイン・ディレクション:秋山伸/edition.nord 編集+デザイン:井元友香/edition.nord│制作マネージメント:堤あやこ/edition.nord 印刷・製本:poncotan w&g│アセンブル:チクチク・ラボラトリー © 2020 konomi tani

林青那「CARTA / FOTO」



このたび、dessinでは第4回目となる林青那の個展を開催いたします。前回に引き続き、今回もdessinと東塔堂の2会場を使用し、それぞれ異なった作品が展開されます。dessinの「CARTA」では、カードサイズの小さな作品を、東塔堂の「FOTO」では更紙と墨を用いた新作のモノタイプ作品をご覧いただけます。

サイズや技法の違いのみならず、一本の線でさえ自己更新し続ける林青那の現在を、ぜひ2つの会場にてご覧ください。





林青那「CARTA」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年2月7日(金)→ 2月24日(月・祝)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

林青那「FOTO」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2020年2月7日(金)→ 2月24日(月・祝)
時間:12:00 - 20:00(日曜定休)
入場:無料





プロフィール
林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター/画家
桑沢デザイン研究所卒業/東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
http://www.aonahayashi.com









えがしらはなこ「TAIWAN KIOSK」





2019年5月にdessinで開催されたマンガ「new lagoon」にまつわる展示は、 その後岡山、京都、大阪、台湾を巡りました。
今回は、展示のあいだに台湾の街をあるいてみつけてきたものたちに、 ちいさなお話をつけました。
さらに、岡山、京都、大阪展にまつわる本も新たに販売いたします。
刺繍のグッズもありますよ。
本と日用品とちいさな話、ぜひ気軽にたのしみにいらしてください。



えがしらはなこ「TAIWAN KIOSK」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年1月11日 [土] → 1月26日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



えがしらはなこ/ Hanako Egashira
1992年新潟県南魚沼生まれ。
シルクスクリーン捺染、縫製工場のミシン修行を経て、 マンガ/裁縫/絵を描く。
2016年「ice town」展、2019年「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」展参加、「new bathroom」展など、山のほう中心に展示をしている。触れないが、毛量の多い犬が大好き。
Instagram : egashirahanako

dessin christmas market 2019 "色のないクリスマス"



dessin第3回目のクリスマスマーケットは, 豊かな色彩や, 力強い黒が印象的な作家の方々に, 今回の為に色を限定した作品製作を依頼しました. 雪が積もった白い12月に, 目をこらすとちいさな光るものが目にとまるような, 色のない世界をイメージしています. 色鮮やかで賑やかなクリスマスとはまた別のかたちの, ひとりで何かを祈るような静かなクリスマスマーケットを開催いたします.


dessin christmas market 2019 “ 色のないクリスマス ”
会場:dessin | デッサン
住所:東京都目黒区上目黒2-11-1
会期:2019年11月29日 [金] → 12月22日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料


[ 参加作家 ]

*秋野 ちひろ Chihiro Akino
2002年 武蔵野美術大学卒業.
真鍮を叩き, オブジェやアクセサリーを制作.
instagram: @akinomorning


*ササキエイコ Eiko Sasaki
アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作. 「HB Gallery File Competition Vol.24」永井裕明賞.
主な仕事に『濱地健三郎の霊なる事件簿』(有栖川有栖 著、角川書店)装画、「なんにもいらない」(冬にわかれて、P-VINE)CDジャケットのアートワークなど.
instagram: @ekssk


*SWISH! / 和山 弘子 Hiroko Wayama
女子美術大学芸術学部工芸科で染色を専攻. 卒業後はレコード会社に10年勤務. 退職と同時にハンドメイド・ニットのSWISH!を始める. 1年間編んだものを, 寒くなってきたらまとめて展示販売する「OFF THE SHELF」シリーズを東京と京都で1年交代に継続中.
instagram: @swish_knitting


*林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター / 画家.
桑沢デザイン研究所卒業, 東京都在住.
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞).
instagram: @aonahayashi


*mornquilt
2005年 武蔵野美術大学卒業.
2015年からmornquiltとしてキルト作品を制作開始.
instagram : @mornquilt


*山崎 知佳 Chika Yamazaki
2011年 多摩美術大学大学院修了.
ガラスのオブジェやアクセサリーを制作.
instagram: @chikayamazaki_

artwork: eiko sasaki

displacement / Rondade



出版レーベルRondadeが提案するshop"displacement"を不定期にopenさせます。
第一弾としてdessinの2階にて期間限定でopenします。

一般的に価値が定まっている本ではなく、Rondadeがアートブックを作る感覚と近い目線でピックアップした古書を販売いたします。
作ることも選ぶことも私たちは差がないと考えています。

-

displacement / Rondade
会場:dessin | デッサン
会期:2019年11月13日 [水] → 11月24日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料

-

Rondade (ロンダード)
さまざまなアートフォームを創造の初期衝動に立ち返り、既成の枠にとらわれない形と方法で表現することを目的に出版レーベルRondadeを設立。
アートブック、写真集 『冨井大裕 : 関係する / Interact』、伊丹豪 『photocopy』、Buku Akiyama 『Composition No.1–10 and the derivatives, 2001–2016等』、澤田育久『substance』などを出版。
https://rondade-prototype.com








小林一毅 「Between black & white」



ケント紙に墨入れする時、インクの黒と紙の白の境界にいつも不器用な自分の手の揺らぎが残る。 この線に自分の現在地が現れている、生きている実感があります。 自信が無い時は決まって震えるし、満たされている時はふくよかな線になる、線は正直です。 僕の描く形はそのような心の二面性の間をさまよいながら生まれています。

面と線に注目をして構成された作品群を発表します。白と黒の間に何が見えるか、ぜひご覧ください。



小林一毅 「Between black & white」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年10月18日 [金] → 11月4日 [月・祝]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



小林一毅
IKKI KOBAYASHI

1992年滋賀県彦根市生まれ。2015年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。資生堂クリエイティブ本部を経て19年独立。東京TDC賞、JAGDA新人賞、日本パッケージデザイン大賞銀賞、Pentawards Silver受賞。

instagram: @kobayashi.ikki











横山雄 「Frameworks」



横山雄はグラフィックデザイナーとして活動する傍ら、イラストレーションワークとドローイング作品の個展をコンスタントに続けてきました。この度は、2019年より制作を続けているシリーズ「Frameworks」の展示会を行います。
また、会場ではアートブックレーベルDOOKS(ドゥックス)より出版予定の作品集『FRAMEWORKS』の先行販売をいたします。



横山雄 「Frameworks」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年9月21日 [土] → 10月6日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



横山雄 Yu Yokoyama
1988年、東京都生まれ。
イラストレーター、グラフィックデザイナー。
桑沢デザイン研究所卒業。
第33回 ザ・チョイス年度賞入賞。
第83回 毎日広告デザイン賞 最高賞受賞。

http://yokoyamaanata.com







トーカの寝床



井出静佳によるテキスタイルと、戸口誉による「寝床」をテーマにした古道具と寝具の空間演出。



イベント
・ラッピングパフォーマンス(戸口在廊中)
9/7.8.13.14.15
参加費:200円

・こなかかのこ 子守唄の弾き語り
9/13(金)19:00-

・くじ引き大会
9/15(日)18:00-20:00
参加費:500円



トーカの寝床
会場:dessin | デッサン
会期:2019年9月7日 [土] → 9月16日 [月・祝]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00(最終日のみ18時まで)
入場:無料



井出静佳 / Ide Shizuka
静岡県生まれ。
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科卒業。
青山イラストレーション塾20期生修了。
植物や動物、半抽象的なイラストを得意とするイラストレーター。
https://ideshizuka.wixsite.com/ideshizuka

戸口誉 / Toguchi Homare
埼玉県川越市生まれ
武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科卒業。
身近なものの再演出、パフォーマンスを行う。
生花、魚、水など、生き物を扱う。古道具が好き。
https://www.instagram.com/_toguchi_







Kalina Leonard 写真展 「妖怪盆踊り」




「愉快で奇妙な妖怪たちが盆踊りにやってきた!」

版画•造形作家であるBotchinが制作した不気味かつユーモアのある妖怪の着ぐるみを
「ボッチンと愉快で奇妙な仲間たち」のメンバーが身に纏い踊ったら本物の妖怪になった(?!)
大和町八幡神社での大盆踊り会の様子を写真家Kalina Leonardが独自の視点で撮り下ろした写真展。
本展では同名のZINEも販売し、Botchinの妖怪版画•妖怪着ぐるみも特別展示。




Kalina Leonard 写真展 「妖怪盆踊り」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年8月16日[金]→9月1日[日]
時間:12:00-20:00[最終日は18:00まで]
入場:無料



Kalina Leonard / カリーナ レナード
十代の頃よりモデル・女優としても活動を続ける。
様々なジャンルのアーティストのポートレート撮影を中心に写真家活動を行う。
2015年 ZINE『PISCES』を刊行。
2018年 写真集『Bernoulli』を出版、同名の個展をSO1ギャラリーで開催。
2019年 『WOMB magazine』を発行している写真家グループ「WOMB」に正式加入。
http://kalinaleonard.com

Botchin / ボッチン
幼少時より木版画を制作。
現在は様々な素材を使った造形物やコマ撮りアニメーション等も制作している。
「ボッチンと愉快で奇妙な仲間たち」を主宰し、コントやパフォーマンス活動も行う。


ササキエイコ個展「再生/調整」



[再生]
組み立てられた空白のなか
瞬きをするたびに新しい光がうまれて
たとえ境界線を見失ったとしても

[調整]
分解と接続、配置されたリズム
輪郭線をなぞりながら
眼差しの軸を立てる

-

この度、東塔堂/dessinの二つの会場にてササキエイコの個展を開催いたします。 恩田陸著『EPITAPH東京』装画や、文芸誌『小説TRIPPER』挿画などで知られるコラージュを交えた手法で製作された作品は、 フラットな印刷物とは違い、その表面は重層的に紙片が重なりあっている。 細部では紙片の僅かな落差が目を惹き、全体としてはその細部が緩やかな速度で視る者の印象に影響を与えている。

本展ではパネルを用いた新作を展示いたします。 作品の新しい展開を、ぜひ会場にてご覧ください。

-

「再生」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年7月19日(金)→ 8月4日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

「調整」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2019年7月20日(土)→ 8月3日(土)
時間:12:00 - 20:00(日曜定休)
入場:無料

-

ササキエイコ Eiko Sasaki
アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの手法でビジュアルを制作。 「HB Gallery File Competition Vol.24」永井裕明賞。
主な仕事に『濱地健三郎の霊なる事件簿』(有栖川有栖 著、角川書店)装画、「なんにもいらない」(冬にわかれて、P-VINE)CDジャケットのアートワークなど。








wafugin「ガラスの指輪」

夫婦で活動するユニットブランドwafugin。

この度dessinにて、指輪の販売・オーダー会を開催いたします。
いつもは透明のガラスの指輪、 今回は会場に合わせて7色をご用意いただきました。指の号数を測るサンプルリングも制作いただいたガラスの指輪です。ぜひ、ご覧にいらしてください。





wafugin「ガラスの指輪」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年6月1日[土] → 6月23日[日]
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料





EVENT・6月22日[土]
コーチング・セラピストとしても活動しているwafugin (妻)が
dessin 2Fにてライフセラピーをおこないます。
お持ちいただいた気になっていることやお悩みにお答えします。
時間は30分間、限定11名様、料金は5,000円 (税込)
当日、現金でのお支払いをお願いいたします。

予約先
件名に、「ライフセラピー 予約」
本文に、お名前・お電話番号・ご希望の時間とその番号(第2希望まで)をご明記の上、info@dessinweb.jpまで 予約メールをお送りください。

dessinスタッフよりお返事をお送りいたします。 万が一、第一希望の席がブッキングによりご用意できない場合は(先着順)可能なかぎり第2希望の日時をご案内いたします。

---------------------

予約表 11名まで

[1] 10:00-10:30
[2] 10:40-11:10
[3] 11:20-11:50
[4] 12:00-12:30
[5] 12:40-13:10

[6] 14:30-15:00
[7] 15:10-15:40
[8] 15:50-16:20
[9] 16:30-17:00
[10] 17:10-17:40
[11] 17:50-18:20

線の入っている時間帯は予約済みです。
ご予約が満席となりました。

-------------------

wafugin
夫婦で活動するユニットブランド。
夫 ガラス創作
妻 仕上げ、ときどきデザイン


夢野成之 1995



身体のパーツをモチーフに、夢と現実の 狭間にあるようなイメージを描いた夢野成之。
この度は1995年に制作された未発表作品を
展示販売いたします。



夢野成之 1995
会場:dessin | デッサン
会期:2019年6月1日 [土] → 6月16日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



限定のポストカードセットを販売いたします。

福士 遥 ガラス作品展「composition」



近くにあるもの、遠くにある記憶、日常は たゆたう瞬間の連続から成ります
ひと時をうたに残すように ガラスを溶かし、削りながら 手探りで形にしました
今回は、壁掛けの作品を中心に展示をいたします
空間とガラスの組み合わせも楽しんでいただけたら幸いです



福士 遥 ガラス作品展「composition」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年5月22日 [水] → 5月27日 [月]
定休:火曜日/会期中無休
時間:12:00-20:00
入場:無料



福士 遥/ Fukushi Haruka

茨城県出身
2011年 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科卒業


「日常の風景」をテーマに、ガラス素材を電気炉で成形する技法を使い くらしや壁面をいろどる作品の制作を行っています。
Instagram : fukushiharukagw



えがしらはなこ「なかめのnew lagoon」



えがしらはなこの初めてのマンガ・モノグラフ「new lagoon」の販売を
ここ、中目のdessinからスタートいたします。
期間中、えがしら本人が在店し
来店者とともに作品集の中身を相談しながら
お好きなものを選んでいただきながら、本を包みます。
レディメイドな作品集に、来店者とえがしらが
[なにか]をプラスしながら作り上げて販売する新たなフォーマットです。
また、えがしらの「透きとおるオブジェ」も展示・販売いたします。
ここちよい春香る中目にぜひ遊びにいらしてください。



えがしらはなこ「なかめのnew lagoon」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年5月3日 [金] → 5月19日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00(最終日のみ17時まで)
入場:無料



えがしらはなこ/ Hanako Egashira
1992年新潟県南魚沼生まれ。
シルクスクリーン捺染、縫製工場のミシン修行を経て、 マンガ/裁縫/絵を描く。
2016年「ice town」展、2019年「アート/ブックのとても大きな部屋:読む・作る・考える」展参加、「new bathroom」展など、山のほう中心に展示をしている。触れないが、毛量の多い犬が大好き。
Instagram : egashirahanako



マンガ・モノグラフ
えがしらはなこ「new lagoon」
pct / oubon 001
A4 / 約80ページ / 初版100部
[通常版]90部
[特別版 シルクスクリーン+手彩色作品付]限定10部
[発行]pct / oubon
www.poncotan.org

pct / oubon初の出版物です。
たおやかな作品に寄り添いたいとおもいます。
どうぞよろしくお願いいたします!



松谷友美写真展「ワルツ」




何を撮ってもとるにたらないものに思えて、何を作品としたらいいのかと悩んでいました。
でも窓からの光や緑の反射はうつくしくて、生活のそばの小さな場面をあつめました。
東京では2年ぶりの個展です。



松谷友美写真展「ワルツ」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年4月24日[水]→4月29日[月]
時間:12:00-20:00[最終日は18:00まで]
入場:無料



在廊日:28(日)・29(月)

松谷友美/ Tomomi Matsutani
埼玉県生まれ
2005年ごろから写真展を重ね、2014年蒼穹舎より写真集「六花」刊行

https://matsutanitomomi.com/

mornquilt「あたらしいキルト vol.2」



mornquiltによる「あたらしいキルト」が春のdessinにやってきます。

どこか感じる懐かしさの中に新しさが加わったパッチワークキルトを制作するモーンキルト。
独特な色や柄の組み合わせと、ひと針ひと針仕上げたハンドステッチがポイントです。
カラフルなクッションやふかふかのベビーキルトをお部屋のワンポイント、記念日のギフトにいかがですか?



mornquilt「あたらしいキルト vol.2」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年3月29日 [金] → 4月14日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



在廊日:3月29日 [金] →3月31日 [日]
*在廊の時間帯はInstagramにておしらせします。

mornquilt
2015年より制作開始。
Instagram : @mornquilt

山崎知佳 個展「HOW TO JOINT」



ガラス作家の山崎知佳による個展を開催いたします。
今回はガラスのパーツをつなぎ合わせたオブジェ作品の展示となります。



石の表面の粒子を眺めてなぞるようなこと、
布の糸一本一本を見つめるようなこと、
小さなものから成る大きなものへの憧憬。

パーツを連ねることで現れる形を求めて、
「つなぎ方」を様々思い巡らし、制作しました。
皆さまのご来場をお待ちしております。



会場:デッサン | dessin
会期:2019年3月9日[土]→ 3月24日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料



山崎知佳/CHIKA YAMAZAKI
2011年 多摩美術大学大学院修了
ガラスのオブジェやアクセサリーを制作
Instagram: @chikayamazaki_
Website: http://chikayamazaki.com








山崎さんの正式な漢字は、崎という字の大の部分が立です。

Ayane Sasaki 「gentle wind」



窓の形が風の形を作り、
スピードと表情を変えたその風で、
カーテンが揺れているということ。


「柔らかい風への期待」をテーマにした新作を中心に、
羊毛を使用したファブリック作品を展示します。

みなさまのご来場をお待ちしております。



会場:デッサン | dessin
会期:2019年2月20日[水]→ 3月4日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み/最終日は18:00まで]
入場:無料



佐々木彩音
1992年生まれ。岩手県出身。
武蔵野美術大学造形学部卒業。
羊毛を使用したファブリック表現を続ける。
「第19回 1_WALL グラフィック」ファイナリスト。
2018年よりマームとジプシーのプロジェクト「ひび」に参加。
https://0oo00oo0-blog.tumblr.com






Yoko Kusano exhibition「彼方へ」




彼方へ
消えることのない光はいつも暗がりのなかに息を潜めて隠れている。

グラスに反射する光、道に捨てられた花束、食べ残しの食器、明けていく朝を飛び立つ鳥たち
全てはいつだって遠く、その遠さに私はただぼんやりと立ち竦むことしかない。

みえない光を存在しないと定義するのはあまりにも悲しすぎる。

2018年秋にroshin booksより刊行した三冊目の写真集『Across the Sea』に基づいた展示を行います。
写真集未収録のアザーカットも含めた展示となります。
みなさまのご来場をお待ちしております。




Yoko Kusano exhibition「彼方へ」
会場:dessin | デッサン
会期:2019年2月1日[金]→2月17日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み/最終日は18:00まで]
入場:無料



草野庸子/Yoko Kusano
桑沢デザイン研究所卒業。 1993年、福島県生まれ。桑沢デザイン研究所在学中にプライベートで撮りためて応募した写真で、2014年にキヤノン写真新世紀優秀賞(佐内正史選)に選出される。 2017年に『EVERYTHING IS TEMPORARY(すべてが一時的なものです)』を刊行。2018年にRoshin Booksより写真集『Across the Sea』を刊行。 2018年LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS展に選出され Amsterdam Paris 東京と巡回展を行う。
http://kusanoyoko.tumblr.com/

SWISH!「OFF THE SHELF」



ハンドメイドニットメイカーのSWISH!より「OFF THE SHELF」のお知らせです。
定番のラインナップに、今回はマフラーや、子どものためのニットを加えて販売いたします。
SWISH!カラーで編まれた、アルパカやウールの天然素材の暖かさや肌触りを、この機会にぜひお試し下さい。



*あったかリスト2019*
ハンドウォーマー レッグウォーマー ニットキャップ マフラー フードのネックウォーマー ニット人形 こどもベスト こどもニットキャップ



会場:デッサン | dessin
会期:2019年1月12日[土]→ 1月27日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料



SWISH!
Handmade knit Maker
twitter @swishknitting






カワチ製菓/川地あや香 展



金工作家/菓子制作家の川地あや香(カワチ製菓)の個展です。食まわりの金工作家や、お菓子の小さなギフトなど、プレゼントや今年のご褒美に、おすすめなものたちが並びます。後半にも追加を予定しています。



初日はご来店の状況次第で整理券を配布する場合がございます。 整理券は11時から配布いたします。

2階の展示スペースにお品がございます(一部は非売品)。2階は会期終了後(もしくは23日・24日)のお渡しとなります。

後半の追加は、12/22(土)を予定しています。



カワチ製菓/川地あや香 展
会場:dessin | デッサン
会期:2018年12月15日 [土] → 12月24日 [月]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



プロフィール:
川地 あや香(かわち あやか) 山形に住み、金属で器やカトラリーを作っています。 主に食まわりのものについて、生活実験しながら、日々発信しています。 また自作の焼印などを使って、「カワチ製菓」として、お菓子の制作活動もしています。 http://www.kawachiayaka.com

林青那 個展 「FORME」



このたび、dessinでは第3回目となる林青那の個展を開催いたします。「FORME」(フォルメ)と題された本展では、会場をdessinと東塔堂の2店舗に分け、本などをモチーフにした具象寄りの作品をdessinにて、抽象寄りの作品を東塔堂にて展示いたします。紙上に走る筆、その位置と傾き、溜まる黒、滲みと擦れ。作品が持つ様々な表情を、ぜひ2つの会場にてご覧ください。





林青那「FORME」

会場:dessin | デッサン
会期:2018年11月16日(金)→ 12月9日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

会場:東塔堂 | Totodo
会期:2018年11月16日(金)→ 12月8日(土)
時間:12:00 - 20:00(日曜定休)
入場:無料





プロフィール
林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター/画家
桑沢デザイン研究所卒業/東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
http://www.aonahayashi.com





EVENT 【 ドローイング イベント 】(会場:dessin)

●SUMI DRAWING 11月16日(金)、11月18日(日)13:00~18:00頃
その場でお選びいただいた紙や布などに墨の抽象ドローイングをいたします。 上記二日間以外も在廊中など気まぐれにいたします。予約不要 ¥500~

●TOTE DRAWING 12月7日(金)、12月8日(土)
お持ちいただいたトートバッグなどの布ものに耐水の絵の具でドローイングいたします。要予約(11月1日より予約受付)

ご予約詳細
TOTE DRAWING
12月7日(金) 12月8日(土)
(1)13:00~15:00/(2)16:00~18:00
定員各日 12名
お持ちいただいたトートバッグなどの布物に、その場で円や線のドローイングをします。要予約。
料金(1点につき)
A4 ¥3000+tax
A3 ¥4000+tax

注意点
・お一人2点まで。
・綿・麻のみ。
・ドローイングの色は黒一色。
・サイズは大まかなドローイング範囲の目安です。
・生地や天候により、乾くまで30分~60分かかります。お待ちいただくか、乾いてからの後日渡しになります。
・半乾きの状態でお持ち帰りいただくため、持ち帰り用の大きめの紙袋などをご用意ください。
・ご自宅で一日乾かした後、アイロンをかけてください。耐水になります。
・トートバッグ以外も可能ですが難しいものもありますので、不安な方は予備のものをお持ちいただくか事前にご相談ください。

〈ドローイング可能なもの〉
布、バッグ、Tシャツ(ストレッチでないもの)、クッションカバー、てぬぐい 等

〈ドローイング不可なもの〉
カーテンやワンピースなど長さが80cmを超えるもの
綿・麻 以外のもの
描く面にポケットや凹凸のあるもの
ギャザーがあるものなどの平面にできないもの
薄すぎる生地、ストレッチ素材
派手な柄やプリントのあるもの
フックやハンガーなどで吊るして乾かすことができないもの 等

予約先
info@dessinweb.jp
氏名、電話番号、日にち、希望時間(1) or (2)をご記入の上ご予約下さい。

---------------------

予約表 各日12名まで

(1) 6名
13:00~
13:20~
13:40~
14:00~
14:20~
14:40~

(2) 6名
16:00~
16:20~
16:40~
17:00~
17:20~
17:40~

-------------------







羅久井ハナ 作品展「Doors Open」



ハンコ作家・イラストレーターの羅久井ハナによる作品展を開催いたします。
リノカットと謄写版(ガリ版)による版画作品とハンコの展示・受注会となります。
ぜひ会場にお立ち寄り下さい。



会場:dessin | デッサン
会期:2018年10月13日(土)→10月28日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料



◯ 羅久井ハナのハンコについて(リノカット)
リノリウムという版画用のゴム板を彫り、ナラの木片を取っ手につけています。
200種類以上のデザインからお好きなものをお選びいただき、文字を加える等のカスタマイズが可能な「セミオーダー」のハンコを提供しております。
ご注文を受けてから、会期終了後に制作いたします。そのため、在庫は一切ございません。
全て手彫りによる制作のため、発送まで2ヶ月以上かかる場合もございます。
※お客様のご要望で新しくイラストを書き下ろす「フルオーダー」の制作、及びイラストを持ち込みはお受けできません。
※納品日のご指定はお受けできません。

◯ 額装の版画は、会期終了後より順次発送いたします。

◯ Instagram
@rakuihana_catalog:ハンコのデザイン一覧をご覧いただけます。
作品タイトルごとにハッシュタグがありますので、同じ作品でも様々なオーダー事例をご覧いただくことができます。



羅久井ハナ Hana Rakui
東京生まれ。
青山学院大学英米文学科卒業。
素朴の中にユーモアがひそみ、懐かしさの中にファンタジーが漂う 物言いたげなイラストレーションを、静かなハンコに宿します。
http://rakuihana.com





SAKURAKO OIDAIRA EXHIBITION 「ELEGANCE・POSE」



"ELEGANCE"と題し、3箇所へ巡回いたします。
一箇所目のデッサンでのテーマは”POSE"。

今回はじめてドローイングイベントも開催いたします。
お誘いあわせの上、みなさまぜひお越しください。



SAKURAKO OIDAIRA EXHIBITION「ELEGANCE・POSE」
会場:dessin | デッサン
会期:2018年9月21日 [金] → 10月8日 [月]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



プロフィール:
生平 桜子 Sakurako Oidaira
画家
1994年生まれ/神奈川県在住
桑沢デザイン研究所卒業
http://sakurakooidaira.tumblr.com/



EVENT 【 DRAWING AT DESSIN 】

・追加でお席を設けました・

日時:2018年10月6日(土)・7日(日) 13:00~16:00 両日で11組限定
料金:3,000円(税抜) / お一人(お一組)一枚
手製の作品立て・手提のおまけ付
予約制

両日13:00~16:00
13:00~、13:15~、13:30~、13:45~
14:00~、14:15~、14:30~、14:45~
15:00~、15:15~、15:30~、15:45~


その場で肖像をドローイングいたします。
基本的に首元から上のみの正面(似顔絵)をお描きするのではなく、
佇まいをとらえます。

細かなご注文はお応えしかねますが、
下記の例のように簡単なご希望がある方はその旨描き手にお伝えください。

例)横向きに立つ・座る、ななめ、うしろ姿など
また、手元や足元など一部分でも構いません。

とくにないという方はおまかせいただき、
その方らしいと思う線を探しながらお描きいたします。



日時:2018年9月29日(土)・30日(日) 13:00~16:00 各日12組限定
料金:3,000円(税抜) / お一人(お一組)一枚
手製の作品立て・手提のおまけ付
予約制

[ご連絡事項 ]
ご持参いただくものはありません。お気軽にお越しください。
ご参加いただくご本人さま以外はお描きできません。
あらかじめご了承ください。



9/29(土)13:00~16:00
13:00~、13:15~、13:30~、13:45~
14:00~、14:15~、14:30~、14:45~
15:00~、15:15~、15:30~、15:45~

9/30(日)13:00~16:00
13:00~、13:15~、13:30~、13:45~
14:00~、14:15~、14:30~、14:45~
15:00~、15:15~、15:30~、15:45~

ご参加ご希望の方は

件名に、「生平桜子イベント予約」
本文に、お名前・お電話番号・ご希望日時(第3希望まで) をご明記の上、
info@dessinweb.jpまで 予約メールをお送りください。

dessinスタッフよりお返事をお送りいたします。
万が一、第一希望の日時がブッキングによりご用意できない場合は(先着順)
可能なかぎり第二、第三希望の日時をご案内いたします。

※ キャンセルは前日まで可能、当日キャンセルの場合は全額ご負担となります。 ご注意ください。




Eiko Sasaki Solo Exhibition「fog」




カーテンをめくる、見えない景色をみる
膜に包まれて何処へも行けない私たちは




この度、デッサンではササキエイコの個展を開催いたします。
新作の他、近作の原画や大阪での個展で発表した作品を展示します。
ぜひお越しください。

会場:デッサン | dessin
会期:2018年8月31日[金]→ 9月17日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料



ササキエイコ Eiko Sasaki

兵庫県生まれ、東京在住。アクリル絵の具によるペインティング+コラージュの技法でビジュアルを制作。
ekssk.tumblr.com

2017 『イラストレーション』2016年度ザ・チョイス入賞
2017 『イラストレーション』ザ・チョイス201回入選(及川賢治氏)
2015 『イラストレーション』ザ・チョイス195回入選(大塚いちお氏)
2013 「HB Gallery File Competition vol.24」 永井裕明賞




『Travels Through South Indian Kitchens』フェア



南インド・チェンナイ拠点の出版社、タラブックスから出版された書籍『Travels Through South Indian Kitchens』のフェアを1階の店舗にて開催いたします。
『Travels Through South Indian Kitchens』は建築家でデザイナーの齋藤名穂が、タラブックスに滞在しながら、南インドの様々な台所を取材し、執筆した1冊。それぞれのキッチンでの物語が、料理する人が使ったキッチン空間の実測図、道具のスケッチ、レシピや写真とともに描かれています。キッチンを通して、その人の物語や地域の文化までもが見えてくる内容です。
期間中は、イラストの原画の展示のほか、タラブックスが刊行した絵本の販売、25日(土)には著者の齋藤名穂によるトークイベントを行います。
お誘い合わせの上、ぜひ会場へお立ち寄り下さい。





会場:dessin | デッサン
会期:2018年8月23日(木)→ 9月24日(月)
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料





プロフィール
齋藤名穂 Nao Saito
建築家/デザイナー
UNI DESIGN主宰
早稲田大学理工学部建築学科卒業、ヘルシンキ芸術デザイン大学空間デザイン専攻修士課程修了。
建築設計、家具デザイン、美術館や博物館の教育ツールのデザイン、展覧会の会場デザインなどを手がける。 https://u-ni-design.com





EVENT
【朝のお話し会『Travels Through South Indian Kitchens』】


満員御礼/ご予約受付を終了いたしました。

著者の齋藤名穂による朝のトークイベント。
南インドでの取材や執筆中のエピソード、タラブックスとの出会いなどをお話しいただきます。『Travels Through South Indian Kitchens』のレシピから手づくりのお茶請けとドリンク付。
*お子さま連れも大歓迎です。

日時:8/25(土)10:00-12:00
料金:1,500円(税込)
予約制

*ご予約は下記を明記の上、info@dessinweb.jp までメールにてご予約ください。件名は「朝のお話し会 予約」にてお願いいたします。

 ・お名前
 ・人数
 ・当日連絡がつく電話番号



Momoca 「Flowers of The Moon」



絵画やインスタレーションなど、さまざまな手法で表現活動をしているアーティスト、Momocaによる個展を開催いたします。
今回は花や野菜、果物をモチーフにしたオブジェや絵画を展示いたします。
ぜひ会場にお立ち寄り下さい。



もし、うさぎがお月様にいるのであれば…
きっと、それはお花畑でしょう…



会場:dessin | デッサン
会期:2018年8月18日(土)→8月26日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料



Momoca
カリフォルニア州バークレー在住。
自作の帽子と洋服店をバークレーで10年間手がけた。 現在は絵画と紙を使ったオブジェを中心に制作し、アリス・ウォータースによるシェ・パニース レストランの空間装飾なども担当。
”旅をしながらアートする”をライフテーマに、各国を訪れながら創作活動に取り組んでいる。

・Website: www.momoca.com
・Instagram: @_momoca_

堀池真美 個展「家と言葉の外に出る1 メキシコ編」



イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活動している堀池真美による個展を開催いたします。
今回はメキシコ旅行から着想を得た、イラストレーションを展示いたします。 みなさまのご来場をお待ちしております。



2006年から2018年の13年間で、13の国を旅した。

旅は、知らない空気を吸い込む。
海と一緒に言語も飛び越える。
新しい速さで回る、私の日本人脳みそ。

旅は、近くと遠くをむすぶ。
ときどき誰かに手紙を書くように、
離れた日本に思いを巡らせる。

家と言葉の外に出る。
光、風、音、味、香り、知らないことばかり。
吸い込んだ空気を、家に帰って絵と言葉にする 。



会場:dessin | デッサン
会期:2018年7月25日(水)→8月5日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料



堀池真美 Mami Horiike
1985年神奈川県横浜市生まれ。2009年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、2011年同大学大学院修士課程修了。
ポスター、CD、書籍、パッケージなどでイラストレーションとデザインを手がける。絵と言葉の関係を研究し作品集を制作、発表。
2012 年メキシコ国際ポスタービエンナーレ入選。2015年、2016年日本ブックデザイン賞入選。2017年日本ブックデザイン賞北越紀州製紙株式会社賞受賞。
http://www.mami-horiike.com

Yuki Mikami × Kaoru Yoshida exhibition「grass shower」



Yuki MikamiとKaoru Yoshidaによる二人展を開催いたします。
今回は線画作品の展示となります。
タイトルの「grass」は、ヒトが消化できない草を、「shower」は、バラバラになってたくさん飛び出してくる様を、自分たちの線から連想してつけました。
みなさまのご来場をお待ちしております。



次々と、繰り返して、分解して
消化されることのないものを
とり出しては線にしていく



会場:dessin | デッサン
会期:2018年6月29日(金)→7月16日(月)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料



◇Yuki Mikami/artist
桑沢デザイン研究所卒業。
対象物を形、線、色で捉えた作品を制作。髪型だけのポートレートやコラージュ、ドローイング、文字を表現手法としている。
https://www.yuki-mikami.com

◇Kaoru Yoshida/drawer
線画家。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
うつわ、挿絵、テキスタイルなどへのドローイングを提供。
http://chimelmobile.net/kaoruyoshida/

前田ひさえ 個展「くりこ と あめおに」



イラストレーターの前田ひさえによる個展を開催いたします。

詩人の蜂飼耳さん書き下ろしの物語で、絵本を作りました。
その原画を展示し、限定の絵本も販売いたします。
雨の季節、お近くにお越しの際は、ぜひ会場へお立ち寄りください。



会場:デッサン | dessin
会期:2018年6月1日[金]→ 6月17日[日]
時間:12:00-20:00 [火曜休み]



前田ひさえ Hisae Maeda
イラストレーター。1978年生まれ。
書籍装画、挿絵などを中心とした仕事のほか個展での作品発表も行っている。kvinaやmemeなどのメンバーとしても活動中。
http://hisaemaeda.com/



蜂飼耳 Mimi Hachikai
1974年神奈川県生まれ。詩人・作家。
詩集に『現代詩文庫・蜂飼耳詩集』(思潮社)、『顔をあらう水』(思潮社・鮎川信夫賞)など。文集に『孔雀の羽の目がみてる』(白水社)、『空席日誌』(毎日新聞社)、『おいしそうな草』(岩波書店)など。絵本に『うきわねこ』(絵/牧野千穂・ブロンズ新社・産経児童出版文化賞)などがある。

鈴木いづみ 個展「わたしの花たちゆるしてほしい」



紙や布を使用した作品制作、インスタレーションなど幅広い表現活動をしているアーティスト鈴木いづみによる個展を、東塔堂とデッサンの2店舗にて開催いたします。今回はドローイング作品を展示いたします。
お近くにお越しの際は、ぜひ会場へお立ち寄りください。



会場:デッサン | dessin
会期:2018年5月12日[土]→ 5月27日[日]
時間:12:00-20:00 [火曜休み]

会場:東塔堂 | Totodo
会期:2018年5月12日[土]→ 5月26日[土]
時間:12:00-20:00 [日曜休み]



鈴木いづみ Izumi Suzuki
静岡県生まれ。
布・紙など様々な素材を用いた絵とインスタレーションを制作。
また一点ものの人形や袋のブランド「BEBEK」での活動も行う。

twitter: @moufu_pool

wea vol.2 「エイプリル」



造形作家の渡邉紘子と陶芸作家ユニットのSatoko Sai + Tomoko Kuraharaによるwea(ウェア)は花器のシリーズを発表します。
2015年にスタートしたweaは、二組の作家による「食べ物のための洋服」を テーマにしたテーブルウェアです。
wea vol.1「雪は踊っている、落ち葉は舞っている」での、秋の皿、冬の皿のシリーズに続き、vol.2となる「エイプリル」では、「お花のための洋服」として四月の花々をイメージした花器を作りました。
春の空気をまとった大小さまざまの手びねりの花器が、オーガンジーの花が浮かぶ空間に点在します。
一点ずつ形や絵柄が異なりますので、どうぞ会場にてお手に取ってご覧ください。
みなさまのご来場をお待ちしております。



四月になりました。
明るい色の服を着たくなったり、家に花を飾りたくなったりしている。
花屋に寄ってピンク色のチューリップを一輪買った。
花屋に寄るのはDVDを借りるのと似ていて、クセになる。
一度借りると、次はあの映画をと思うのと同じで、一度買うと、次はあの花をと思う。
そうしているうちに、うちが花だらけになってしまった。
部屋は花瓶だらけになってしまった。
私は花瓶の隙間で過ごしている。
花の方が部屋の主人のように自由に堂々と過ごしている。
でも、これも四月だけの出来事だろう。
だから私はこの特別な生活を楽しんでいる。



会場:dessin | デッサン
会期:2018年4月7日(土)→4月22日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

《FLOWER KIOSK》
4月22日(土)15:00 -
最終日15時より、インスタレーションで使用しているオーガンジーの花の販売を行います。お花屋さんスタイルでラッピング致します。



◆渡邉紘子
1981年生まれ。多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。University of Art and Design Helsinki留学。
会社員を経て、フリーでの創作活動を開始。日常生活や思い出を再構成し、主に布や糸で作品を制作している。
hiroko-watanabe.com

◆Satoko Sai + Tomoko Kurahara
崔聡子と蔵原智子による陶芸作家ユニット。2002年に多摩美術大学工芸学科陶コースを卒業し共同制作をスタート。
シルクスクリーンによる陶器への写真転写など、量産技術と手仕事を組み合わせて陶器を制作。
展覧会での作品発表や受注制作のほか、フィンランドの写真家とのプロジェクト『inner landscapes』を継続中。
saikurahara.com

写真:野川かさね

Karin Okamoto「Vase dancing. 花ビンのダンス」



様々な素材や手法を使ってストーリーを織り込むような作品を制作しているアーティスト、岡本果倫による個展を開催いたします。今回は近年手掛けている水彩のドローイングシリーズを初めて展示いたします。

「うつらうつらとしていた。
 窓辺に置いた、日にあたった花ビンは青だった。
 光にすけている。
 それはゆっくりとダンスする。
 こぼれた中の水は青の光をにじませながら
 さっき夢でみた、
 いつものありきたりなものの形をなぞっていくのだった。」



Karin Okamoto「Vase dancing. 花ビンのダンス」
会場:dessin | デッサン
会期:2018年3月9日 [金] → 3月25日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



岡本果倫 KarinOkamoto
1983年生まれ神奈川県在住
美術大学で木版画を学んだのち、絵画やインスタレーションなどの作品を制作、発表している。

Instagram: @karinokamoto
HP: http://karinokamoto.com

Hiroyuki Murakami / Kanoko Egusa 「quiet -静面- 」



この世界のものを静かに平面へと標本する。
この世界の意識を静かに平面へと標本する。
2人の作家の標本的な静面。
---
画家のHiroyuki Murakamiとイラストレーターの江種鹿乃子(kanoko egusa)による作品展。

「quiet-静面-」
会場:dessin | デッサン
会期:2018年2月14日[水]→2月26日[月]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00(最終日は18時まで)
入場:無料



■村上ヒロユキ(むらかみひろゆき)
宮城県在住。
仙台を拠点に作家活動中。近年は平面の肉体性、ミニマリズムについて追求。
2018年大阪・卉奏企画展
2017年仙台・ギャラリーTURNAROUND
2016年仙台・ギャラリーTURNAROUND
出展。


■江種鹿乃子(えぐさかのこ)
イラストレーター
宮城県仙台市生まれ。
大学卒業後、金沢の専門学校でデザインやデッサンを学ぶ。
現在は動物や草花を中心としたイラストレーションやグラフィックを多く制作。
著作、2016年に大人の塗り絵「森が奏でるラプソディー」「幸せのメヌエット」(共にナツメ社)、2018年にスクラッチアート「ヨーロピアン・ファンタジー 」 (永岡書店)がある。
http://www.egk-design.jp/index.html





pot and tea exhibition「waltz of the flowers」



pot and tea はクラフト感を大切にものづくりするブランドです。

今回は花のワルツをテーマに、一点ものを中心にお花の世界を表現した、特別な展示を開催します。



pot and tea exhibition「waltz of the flowers」
会場:dessin | デッサン
会期:2018年1月26日 [金] → 2月11日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



プロフィール:
pot and tea
神奈川県在住。家庭科の講師、アパレルメーカーのパタンナー職を経て、2013年よりpot and teaを始める。
クラフトの雰囲気を感じられるアイテムを制作。
2016年2月に文化出版局より『ミシンときどき手仕事の、楽しいワンピース』出版。
potandtea.net

もくめ「かさねる」



木版画教室で出会った、azuco、後藤かゆ、鈴木多恵子、山上咲の4名による展示を開催いたします。
木版画独特の色の重なりやかすれ、作家それぞれの表現の違いや個性をぜひお楽しみ下さい。



もくめ「かさねる」
会場:dessin | デッサン
会期:2018年1月12日 [金] → 1月21日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00(最終日は19:00まで)
入場:無料

mornquilt「あたらしいキルト」



mornquiltによる「あたらしいキルト」がdessinにやってきます。

どこか感じる懐かしさの中に新しさが加わったパッチワークキルトを制作するモーンキルト。
ビンテージの布や古着から切り取った生地を使った独特な色や柄の組み合わせ、仕上げのハンドステッチがポイントです。
ふかふかでカラフルなキルトはお部屋を華やかにしてくれます。



mornquilt「あたらしいキルト」
会場:dessin | デッサン
会期:2017年12月2日 [土] → 12月17日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



2日(土)15:00-
岐阜県多治見市で伝統的な西洋菓子を作る「ミモザ」のおやつをご用意してお待ちしております。
どなたでもお気軽にお立ち寄り下さい。

在廊日:2日(土)、3日(日)



mornquilt
Instagram : @mornquilt

生平 桜子 個展 「輪郭」



デッサンでの3回目の個展は
物と物、空気との境目についての新作ドローイングが並びます

・描き下ろしポスター(50枚限定)
・手製本の簡易図録「DESSIN(デッサン)」
(今夏開催「具体と抽象」展より発行)
もあわせて展示・販売いたします

散歩にいい頃合い、
みなさまぜひお越しください



生平 桜子 個展 「輪郭」
会場:dessin | デッサン
会期:2017年11月3日 [金] → 11月19日 [日]
定休:火曜日
時間:12:00-20:00
入場:無料



プロフィール:
生平 桜子 Sakurako Oidaira
画家
1994年生まれ/神奈川県在住
桑沢デザイン研究所卒業
http://sakurakooidaira.tumblr.com/

小林且典 個展 Watercolors/山の標本



このたび、小林且典の個展を、東塔堂とデッサンの2店舗にて開催いたします。水彩で表現された静物学シリーズより「Watercolors」と、ブロンズと写真で構成された「山の標本」、展示に併せて制作した同タイトルの2冊の作品集も販売いたします。お近くにお越しの際は、ぜひ会場へお立ち寄りください。



『静物学』のシリーズより水彩画を展示いたします。 このシリーズではこれまで彫刻と写真を中心に発表してきましたが、ブロンズであれ木であれ、素材そのものがもつ美しさのあまり、あえて色彩などを加えることはできませんでした。ただ、色彩への憧れはどうにも抑えがたく、“Watercolors”では鮮やかな色を選んで描いています。たっぷりと水を含んだ絵の具は、ひとたび紙の上に着地すれば、他の色を求めて瞬く間に広がり混ざり合おうします。彫刻は持久戦だと感じていましたが、水彩画は時間との戦いなのかもしれません。

「Watercolors」
会場:デッサン | dessin
会期:2017年10月13日[金]→ 10月29日[日]
時間:12:00-20:00 [火曜休み]



ブロンズのテーマは小さな植物から静物へわずかずつ画角は広がっていったが、相も変わらず部屋に閉じこもって卓上の対象と会話する日々が二十年以上続いている。
あるとき、固まった身体を解すため立ち上がってみると、ふと窓外へと視線が向かった。ヘリコイドを回転させて眼球のレンズをと遠景に合わせてみると、そこには地上と空の境に切り込む稜線が心地よいリズムを奏でていた。それらを網膜に映し取って”山の標本”を作ってみた。


「山の標本」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2017年10月13日[金]→ 11月4日[土]
時間:12:00-20:00 [日曜休み]





【レセプション】
10月28日[土]18:00より東塔堂にて
お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。参加無料。


【作家在廊日】(随時更新されます)
13日(金)13:00-15:00 dessin/16:00-20:00 東塔堂
14日(土)14:00-19:00 東塔堂
20日(金)14:00-16:00 dessin/17:00-19:00 東塔堂
21日(土)15:00-19:00 東塔堂
27日(金)14:00-16:00 dessin/17:00-19:00 東塔堂
28日(土)15:00-19:00 東塔堂




作家略歴
小林且典 Kobayashi Katsunori
1961年生まれ。87年東京芸術大学美術学部彫刻科卒業、89年同大学院修了。89 年イタリア政府給費留学生としてブレラ美術アカデミー(ミラノ)留学。91年ジョルジョ・デ・マルキスによる「15人の日本の現代彫刻家たち」(イタリア文化会館/東京)、92年「日本―イタリア若い世代」(国立近代美術館/ローマ)。94年第1回ウンベルト・マストロヤンニ賞2等賞(トリノ)受賞。95年帰国。2010年フィスカルス(フィンランド)滞在。 2012年「小林且典 ひそやかな眼差し」(静岡市美術館) 。 2013年「薄白色の余韻 小林且典」(兵庫県立美術館)。現東京都在住。著書に『小林且典作品集 ひそやかな眼差し』(みずず書房)がある。







横山雄 個展 「ジャズと社図 PLAY & PRAY」



イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活躍中の横山雄の個展を開催いたします。



「ジャズと社図 PLAY & PRAY」と称された本展は、「均衡」をテーマに制作された約2年ぶりの横山雄の新作個展です。
「ジャズ」には運動や音、文明、欧米、人間へ。「社図(じゃず)」には静止と沈黙、風土、アジアや中東、自然へ向けて思いを込め、互いの共存を目指して制作をしました。
己の中を巡る血や感情、係わり合い暮らしを取り巻くものたち、手の届かない大きな渦。あらゆるものの中で摩擦や衝突が絶えずに起こり続け、これからもたくさんのことが身に降り掛かるかもしれません。
それでも緊張を保ちながら、混ざることのないものたちを携えて時間は進んでゆきます。絵もまたあらゆる均衡を含んだ運動の時間であり、祈りの時間の一部です。





会場:dessin | デッサン
会期:2017年9月15日(金)→ 10月1日(日)
時間:12:00-20:00(火曜日定休)
入場:無料

【レセプションパーティー】
初日9/15(金)18:00よりささやかなパーティーを行います。
三軒茶屋のカフェ nicolasによるお菓子をご用意してお待ちしております。






プロフィール
横山雄 Yu Yokoyama
2010年桑沢デザイン研究所卒業。
都内デザイン事務所・美術書籍会社を経て、現在フリーランスのイラストレーター/グラフィックデザイナーとして活動中。
第33回 ザ・チョイス年度賞入賞
第83回 毎日広告デザイン賞 最高賞受賞

http://yokoyamaanata.com


banryoku 3rd exhibition



布を中心に様々な素材を使った立体作品が人気のbanryokuの個展を開催いたします。
本展ではパペットや人形、ぬいぐるみを中心とした作品を展示します。 本を読むように、個々の作品からストーリーを感じていただけたら幸いです。





会場:dessin | デッサン
会期:2017年7月22日(土)→ 8月6日(日)
時間:12:00-20:00(会期中無休)
入場:無料





プロフィール
banryoku / 中村万緑子
スウェーデンの学校で2年間テキスタイルを学び、帰国後、渡米。パペット制作を学ぶ。
意味のあるものがあふれている現代に意味のないものの力を信じ、作品制作している。
Instagram : @mamiko_nkmr


林青那 個展 「点点」



あらたな試みである、図やかたちの実験的小冊子「点点」の販売。 「点点」にまつわる 新作ドローイングの展示・販売をいたします。





会場:dessin | デッサン
会期:2017年5月26日(金)→ 6月11日(日)
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料





プロフィール
林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター/画家
桑沢デザイン研究所卒業/東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
http://www.aonahayashi.com





EVENT 【 ドローイング イベント 】

お持ちいただいた布ものに、黒または白の塗料で点や線、円などの模様をその場でペイントします。

日時:5/27(土) 5/28(日)12:30-19:30
料金:3,000円(税込)
時間:お一人さま15分程度
予約制
お持ちいただくもの:描いてほしい無地のバッグ、Tシャツ、ハンカチ、布など。

*ご予約は下記を明記の上、info@dessinweb.jp までメールにてご予約ください。件名は「林青那イベント予約」にてお願いいたします。

 ・お名前
 ・人数
 ・当日連絡がつく電話番号
 ・ご希望のお日にち(27日または28日)と時間 (12:30~19:00の間)

  描く時間は10分程度ですが、ご希望の時間枠は大きく(例:14~17時の間 など)記入していただけると助かります。当日は予約時間より少しお早めにお越しください。





注意事項

・お一人2点まで (一点につき3000円)
・ドローイングサイズ A3程度 ( 大きいものをお持ちになる場合はご相談下さい。)
・色は自由。
・ポケットなど 凹凸がなるべくないもの。
・薄すぎる生地、伸縮性がある生地、特殊な生地など、素材によってはヨレたりインクが乗らない場合がありますので避けて下さい。
・描きあがってから乾くまで30分程度お待ちいただきます。生地により乾くまで時間がかかる場合があります。
お急ぎの方は後日の受け取りも可能です。

・持ち帰ったあとご自宅で一日乾かしていただき、アイロンを当ててください。耐水になり、洗濯も可能です。
・模様のリクエストはお受けできません。

清水美和「日々。わたし」



■清水美和「日々。わたし」

日頃かいたドローイングをはじめて展示します。
二日間だけのデッサンでの展示です。(全日在廊します)
ぜひ、お越しください。

会場:デッサン | dessin
会期:2017年2月4日[土]→ 2月5日[日]
時間:12:00-20:00(最終日は18時まで)
入場:無料

■清水美和
2007年 多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科卒業後、
装丁のデザイン事務所で4年間勤務。
現在、イラストレーションを中心にフリー活動
http://www.miwashimizu.com






SWISH!「OFF THE SHELF」



■SWISH!「OFF THE SHELF」

ハンドメイドニットメイカーのSWISH! が 2年ぶりにdessinにやってきます。 今回も、定番のアイテムにビビッドな色使いと
シンプルな編み模様のニット小物が並びます。
手にとっていろいろお試しできるこの機会に
ぜひ、お越しください。

会場:デッサン | dessin
会期:2017年1月13日[金]→ 1月29日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

■SWISH!
Handmade knit Maker
http://www.shopswish.com/






DESSIN クリスマスマーケット 2016



今回で2回目となるデッサンのクリスマスマーケット。 参加作家さんも増え、よりにぎやかになりました。 クリスマスの準備にぜひお立ち寄りください。

参加作家:SWISH!/kick FLAG/渡邉紘子/ミモザ/ツヴィリンゲ/秋野ちひろ/yatra/平岡瞳/mornquilt/MAMI FURUKAWA POTTERY



OPENING PARTY - 2016年12月3日(土)14:00-17:00
ドリンクやお菓子をご用意しております。
どなたもお誘いあわせの上、遊びにいらしてください。
15時からはミモザの”朝焼きガレットデロワの会”を開催。
その日の朝に焼き上げられた絶品です。限定12個。¥350で販売します。
ケーキの中にあたりのフェーブが入っていた方には、
デッサンからクリスマスギフトをプレゼント!
(フェーブは古川まみさん制作です!)



DESSIN CHRISTMAS MARKET 2016
会場:デッサン | dessin
会期:2016年12月3日[土]→ 12月25日[日]
時間:12:00-20:00
入場:無料




秋野ちひろ

真鍮を素材にオブジェやアクセサリーを制作するアーティスト。 秋野さんの作品はまるで古代のもののような静かな輝きを放ち、 金属なのに不思議な暖かみと柔らかさを内包しています。 踊るように軽やかな形と質感が楽しいアクセサリーが並びます。
http://colla123.exblog.jp/




kickFLAG

幾何学的でミニマルなデザインが印象的なKickFLAGのバッグ。 デッサンでの展示会もいつも人気のブランドです。 ユニークな形でありながら機能的で男女問わずお使いいただけます。 バリエーションがより豊かになった人気のトートや小物がずらりと登場します。 新作のオリジナルテキスタイルもかっこいいです!
http://www.kickshop.jp




SWISH!

他にはない色使いが魅力的なハンドニットニットメイカー。 寒い日も身につけてお出かけしたくなるような鮮やかな小物が並びます。 定番アイテムもシーズンごとにパターンやカラーリングが変わるので いくつも揃えたくなってしまうSWISH!のニット。 1月にはデッサンで個展も開催します。お楽しみに!
http://www.shopswish.com




ツヴィリンゲ

ドイツ語で「ふたご」を意味する”ツヴィリンゲ”。 双子の姉妹でユニットを立ち上げ、ドイツの伝統的な 染め紙"クライスターパピア"を紹介する活動をされています。 デッサンクリスマスマーケットのための“フレーベルの星”を作っていただきました。 透明感のある紙を丁寧に折り込んで作られた星のオーナメントは、 凛とした存在感がありはっとする美しさがあります。 神聖さを秘めた星は、特別な贈り物になると思います。
http://www.zwillinge.jp




平岡瞳

イラストレーター。主に木版や色鉛筆の技法を使い書籍や雑誌、教科書や絵本などの媒体で活動しています。9月に発売された『わたしの小さな古本屋』(田中美穂著、筑摩書房)の装画を担当。 マーケットではクリスマスをテーマにしたちいさなスノードームの版画を展示販売します。
http://blog.goo.ne.jp/hitohito1103




MAMI FURUKAWA POTTERY

岡山県倉敷市にアトリエを構える陶芸家。 古川まみさんの作品はスモーキーな色味とマットな質感が特徴的です。 美しいフォルムの器はとても使いやすくてファンも多く、各地の個展やクラフトフェアで人気です。 『ひとりごはんの薬膳レシピ』(鳥海明子著、誠文堂新光社 )では古川さんの器がお料理を美味しそうに引き立たせています。
http://m-f-p.net




ミモザ × 渡邉紘子

岐阜県多治見市で伝統的な西洋菓子を製作販売しているミモザさんと テキスタイルアーティストの渡邉紘子さんによるクリスマスのためのコラボレーション。 紘子さんにはお菓子を食べてしまったあとも大切にとっておきたくなるようなパッケージを依頼しました。 いつも細やかな手仕事で空間を彩る紘子さんがどんなデコレーションをしてくれるのか、お楽しみに。 素材を生かし丁寧に作られたミモザさんのお菓子は正統派ですごく美味しく街の人気者です。 焼き菓子BOXやジャムなどが登場します。プレゼントにおすすめです。
http://hiroko-watanabe.com






mornquilt

新しいものから古いものまで、思い入れのある生地を自由に組み合わせてキルトを制作するmornquilt。 ヴィンテージ生地や古着からも生地を切り取って空間のアクセントになるようなアイテム作りをしています。 ちくちくと施されたハンドステッチの風合いにご注目。 このクリスマスマーケットが初めてのお披露目となります。
http://mornquilt.tumblr.com/about




yatra

ヒンディー語で旅を意味する”yatra”。 様々な地で出会った素材、技法をオリジナル生地に落とし込み、服作りをしているブランドです。 天然素材を使い、作り手も、身につける人も笑顔になれる作品作りをしています。 マーケットではブロックプリントのハンカチ、スカーフなどの小物を出品します。 オリジナルの模様がとても素敵です!
http://www.yatra-japan.com




konpeki / 正田トモエ「フラグメンツ」(11/2 - 11/7)



フラグメンツ


フラグメンツ

konpeki 正田トモエ

いつも思い描くかたちや、ふと出来上がるいろいろなかたちは、
どこからやってくるのでしょう。
頭の片隅にあるかたちのかけらや、記憶の断片と向き合い、
つなぎ合わせうまれた小さなアクセサリーを展示します。
ぜひお越しください。



konpeki / 正田トモエ「フラグメンツ」
会場:デッサン | dessin
会期:2016年11月2日[水]→ 11月7日[月]
時間:12:00-20:00 [初日は13:00-20:00 / 最終日は12:00-18:00]
入場:無料



◆ konpeki
金属のアクセサリー
ブローチやピアス、リングなど、金属にガラスやパールを合わせた新作も並びます。
http://konpekikonpeki.com

◆ 正田トモエ
K18やベビーパールを使用してピアスやリングを作っています。

 


野田亜希子展「heuristic」(10/26 - 10/31)



野田亜希子展「heuristic」



このたび、野田亜希子展「heuristic」を開催いたします。
流木や貝などの漂流物を用いて制作した作品がならびます。



野田亜希子展「heuristic」
会場:デッサン | dessin
会期:2016年10月26日[水]→ 10月31日[月]
時間:12:00-20:00[最終日は18:00まで]
入場:無料



◆ 野田 亜希子(のだ あきこ)
熊本県生まれ 横浜市在住
愛知県立芸術大学美術学科油画専攻卒業

【Solo Exhibitions】
2015 「Dolls」私立珈琲小学校
2014 「LIFE」Ouchi Gallery, N.Y

http://akiko-noda.jimdo.com



川地あや香/カワチ製菓「必要なもの」(11/19 - 11/28)



川地あや香/カワチ製菓「必要なもの」

このたび、デッサンでは、山形県で制作する「カワチ製菓」の金工作品とおやつを展示・販売します。

使ってみたくなる鉄の焼き印、真鍮やステンレスのカトラリーや器。そして滋味深い味のおやつ。
それらはどれも特別なようで、「毎日」になじむものたちです。
dessin で、本と食の時間をゆったりお過ごしください。

*「おやつちけっと」などのクッキーやビスコッティ、山形フルーツグラノーラなど、
 定番&新作のお菓子たちが並びます(数量限定です)。また、小冊子「カワチ製菓つうしん」もあります◎



川地あや香/カワチ製菓「必要なもの」
会場:デッサン | dessin
会期:2016年11月19日[土]→ 11月28日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

*初日11月19日[土]12時~17時に作家在廊予定です。お待ちしております!



◆ 川地 あや香(かわち あやか)
山形に住み、金属で器やカトラリーを作っています。
主に食まわりのものについて、生活実験しながら、日々発信しています。
また自作の焼印などを使って、「カワチ製菓」として、お菓子の制作活動もしています。
http://www.kawachiayaka.com



平岡瞳版画展「海と街」(10/7 - 10/23)



平岡瞳版画展「海と街」

このたびデッサンでは、平岡瞳版画展「海と街」を開催いたします。
新作の木版画やマッチ箱版画、画集『星屑珈琲+青い散歩道』(文…岩井啓悟)が並びます。



会場:デッサン | dessin
会期:2016年10月7日[金]→ 10月23日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

◆ イベント
10月16日[日] 12時~18時
星屑珈琲・岩井啓悟による自家焙煎コーヒーとコーヒー豆を販売します。



◆ 平岡瞳(ひらおかひとみ)
1981年生まれ 愛知県出身 東京在住
愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻卒業
大学在学中から木版で制作を始める
現在フリーのイラストレーターとして、書籍や雑誌、教科書や絵本などの媒体で活動中
http://blog.goo.ne.jp/hitohito1103

主な仕事:
『わたしの小さな古本屋』田中美穂著(筑摩書房)の装画
『二人の手紙 壺井繁治・壺井栄獄中往復書簡集 昭和5年ー昭和9年』(編集室屋上)の装画
月刊『看護』の表紙、『小説すばる』『小説宝石』で挿絵を担当中

主な展示
2016年 okeba gallery&shopにて平岡瞳版画展「海と街」
2016年 オリオンパピルスにて平岡瞳マッチ箱版画展「日常茶版画」
2016年 富岡製糸場東置繭所にて文芸シルク展「絹の言ノ葉」
2016年 西荻URESICA(ウレシカ)にて平岡瞳版画展「Re: 青い散歩道」

seesaw 冬の受注会



この度seesaw(シーソー)は冬の受注会をいたします。

今年はレディスのセーター、スカート、帽子、バレッタなど新作ニットをもって ぬくぬく楽しい冬をお届けいたします。

*商品は一部を除いてオーダー頂いた後に製作するため、
 お渡しまでお時間を頂戴しております。
 一つ一つ大事に作ります。ご了承いただけますと幸いです。


会場:dessin | デッサン
会期:2016年9月30日(金)→10月2日(日)
時間:13:00-19:00(最終日は17:00まで)
入場:無料


seesaw(シーソー)
HP: www.seesaw.tokyo
mail: seesaw.tokyo@gmail.com
Instagram: https://instagram.com/seesaw.tokyo/
facebook: https://www.facebook.com/seesaw.tokyo


profile: 小泉智子 (コイズミサトコ)
2013年イギリス Arts University Bournemouth のTextiles科(FdA)
卒業。その後独学でニットの服作りを始め、2014年よりseesawとして
東京都墨田区のアトリエを中心に製作、販売を開始。








小田原亜梨沙 「ここは、中目黒。」





線路沿いにあったソバージュの女性の看板、改札を抜けると左手にあったカラオケ店、三角州と呼んでいた空き地。
高校生だった私の中で中目黒といえばこの3つだった。
今は無くなっても、これらを構成していた街の様子、よく歩いていた道の風景はそれほど変わっていない。
会場にて、dessinがある中目黒をテーマにした冊子、去年1年間のみ刊行した「月刊 my fictitious diary」、作品を展示・販売いたします。



小田原亜梨沙 「ここは、中目黒。」
会場:dessin | デッサン
会期:2016年9月2日 [金] → 9月19日 [月]
休廊:毎週火曜日
時間:12:00 - 20:00(最終日は17:00閉廊)
入場:無料



*イベント「中目黒からとび出そう。」
日時:9月11日(日)13:00 - 19:00
参加費:1000円(材料費・ドリンク代込み)
本の中に入ったり、外の世界を覗いてみたり、自分の型の自分だけの栞を一緒に作りましょう。大好きな本の中に収まる大きさであればどのくらいでもokです。 予約不要。

ドリンク:山ト波
http://yamatonami.com/



プロフィール:
小田原亜梨沙 
2014 個展(Nidi gallery)・Tokyo Art Book Fair
2015 個展(ROCKET)・Tokyo Art Book Fair
2016 ケダマ#02(AD 菊地敦己)・装苑10月号表紙・扉絵(AD中島基文)
・Printed Matter にて「月刊 my fictitious diary」取り扱い中。
http://www.odawaraarisa.com





小方英理子 個展 「Crossed fingers」



おまじない / 願掛け / お守り

幼い頃から繰り返してきた、おまじないのような決まり事。

生まれた子供の魂を忍び寄る魔物から守る為、背中に縫った小さな魔除けの印。

大切な人を荒波から守るため、願いを込めてセーターに模様を編んだ女性達。 果てしない不安。それと共に進化を続けた美しい模様の数々。

誰もが持つ、祈りのような気持ちをテーマに制作しました。

本展は5月にHasu no hanaギャラリーで開催した個展の巡回展となります。 今回新たに、2冊目となる蛇腹の作品集(デザイン:加藤勝也デザイン室, 写真:山本彩乃)を作りました。ぜひ、お手に取ってご覧下さい。展示に合わせて制作したオリジナルのトートバッグも販売致します。



小方英理子 個展 「Crossed fingers」
会場:dessin | デッサン
会期:2016年7月30日 [土] → 8月28日 [日]
休廊:毎週火曜日と夏季休暇(8月12日[金]~16日[火])
時間:12:00 - 20:00
入場:無料



*レセプション・パーティー
日時:8月7日(日)14:00 - 18:00
入場:無料

作品集の完成を記念して、ささやかなパーティを開きます。お飲み物とお菓子を用意してお待ちしています。お気軽にお越しください。
当日はeriko ogataのアクセサリーがたくさん並びます。その場で磁器のパーツを2つお選び頂き、組み合わせてピアスやイヤリングを作れるイベントも開催します。好きな色や形のパーツを選んで、お気に入りを作ってみて下さい。




プロフィール:
小方 英理子 / ERIKO OGATA

武蔵野美術大学 テキスタイルコースを卒業。
その後、2005年より2年間NYに滞在。
Greenwich House Potteryで陶芸を始め、家畜や剥製をテーマにした立体作品を制作する。
帰国後は“記憶をとどめる方法”、“素材と生き物の境界線”をテーマに黒泥土や磁土を使用したタイル作品や、人物をモチーフにした立体作品を制作している。
また、2013年よりアクセサリーブランドeriko ogataとして磁器のブローチやピアス、小皿を作り始める。
http://eriko-ogata.tumblr.com




kick FLAG exhibition 『lanes』






「細道に入ったら小さなケーキ屋を見つけて週末限定のシュークリームを食べた」

中目黒のdessinにて2年ぶり3回目となるkick Flagの個展を開催いたします。
会場には個展のために制作した新作バッグが並びます◎
どうぞお越しください。

▲kick FLAG exhibition 『lanes』
会場:dessin | デッサン
会期:2016年7月13日[水]→ 7月25日[月]
時間:12:00-20:00
休み:火曜日
入場:無料



▲kick FLAG(キックフラッグ)
designer / 高橋有紀子
グラフィカルな色あわせのバッグなどプロダクトを制作。DMやカタログのデザインもすべて自身で行なっている。
http://www.kickshop.jp



生平 桜子 個展 ある木について (2)



この春、岡山で開いた個展「ある木について」の巡回展を dessin にて開きます。 是非、お出かけください。お待ちしております。


生平 桜子 個展 ある木について (2)
会場:dessin | デッサン
会期:2016年6月20日 [月] → 7月3日 [日]
定休:火曜日(6月21日, 28日) 時間:12:00-20:00
入場:無料


プロフィール:
生平 桜子 Sakurako Oidaira

イラストレーター
1994年生まれ。神奈川県在住。
桑沢デザイン研究所卒業。

http://sakurakooidaira.tumblr.com/

ハロー風景 お湯 at dessin



ゆっくりこっそり

知らないを持ち運ぶ

忘れることの練習をする

うるおっている風景・別府と日田でみつけました。
お湯の町で「知らない」をそっと持ち運ぶ。水のたっぷり入った水瓶みたいに。ゆっくりできる広い余白みたいに。
句集〈ハロー風景 お湯〉の世界を阿部健の写真と共に、会場にて再現します。是非お越しください。

◆ハロー風景 お湯 at dessin
会場:デッサン | dessin
会期:2016年5月27日[金]→ 6月12日[日]
時間:12:00-20:00
休み:火曜日
入場:無料

◆お湯会のおしらせ
6月5日[日] 15:00
お白湯を飲みながら、お湯のある風景を眺めませんか。
どなたもご参加いただけます。お気軽にお越しください。
お湯とコーヒー・山田珈琲


◆阿部健
1980年、神奈川県生まれ。日本写真芸術専門学校 2部 報道・芸術写真科卒業。 複数のカメラマンのロケアシスタントとして働いたのち、平野太呂氏に師事。 2009年からフリーフォトグラファーとして活動を開始。


◆ハロー風景
文・寸/写真・阿部健
http://hellofukei.com






ひとつのポケットからでた話



本は生活の一部として存在するもの。
本を読み始めて、時には中断をして生活をして、また読み進めてゆく。
そんな一連の所作に、もしもポケットがかけ橋になるとしたら──

ポケットにまつわるものづくりをしているUSEが、
dessinで再び展示を行います。

本に囲まれた空間で、ゆったりとお楽しみください。



◆ひとつのポケットからでた話
会場:デッサン | dessin
会期:2016年4月29日[金]→ 5月15日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]※最終日18:00まで
入場:無料

在廊:
4.30.sat/5.1.sun/5.4.wed/5.7.sat/5.15.sun ※14:00-18:00くらいまで

*4月30日土曜日にはささやかなおみやげをご用意してます。
どなたさまもぜひお気軽にお越しください。



プロフィール:
◆USE
もっとポケットを楽しみたい、そんな想いから
ポケットにまつわるものづくりをしています。
さまざまな素材とかたちを用いて、
日常に忍ばせる遊びごころを提案してゆきます。
http://uuuuuse.com

林青那 個展 「紙と図」 papier et dessin



福岡、広島、東京、名古屋を巡回する林青那 個展 「紙と図」 papier et dessin の東京展がはじまります。

会場では、2014年から2016年にかけて制作されたドローイング、版画などの作品、本展のために制作された作品集『monobook』、サコッシュなどのグッズの展示・販売をいたします。

会期中には、お好きな本、または横顔のポートレートを作家がその場で描き下ろす催しもございます。

みなさま、お誘いあわせの上どうぞお越しください。





会場:dessin | デッサン
会期:2016年4月1日(金)→ 4月17日(日)
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料

オープニング・パーティ:
4月2日 (土)18時よりささやかなオープニングパーティをひらきます。お飲み物とla griveさんのお菓子などをご用意しております。お気軽にお越しくださいませ。

la grive
http://www.la-grive.com


巡回:
2016.2.27(土)→3.7(月)福岡 LIFE IN THE GOODS. 
2016.3.12(土)→3.21(月)広島 READAN DEAT  
2016.4.1(金)→4.17(日)東京 dessin 
2016.5.21(土)→6.6(日)名古屋  ON READING  





プロフィール
林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター/桑沢デザイン研究所卒業/東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
http://www.aonahayashi.com





EVENT 【 BOOK & YOKOGAO PORTRAIT 】

お好きな本を一冊、または横顔のポートレートをその場でお描きいたします。

日程:4月2日(土)・3日(日)
料金:BOOK 4,500円/YOKOGAO 2,500円(ともに税込)
時間:お一人さま15分程度

*ご予約は下記を明記の上、info@dessinweb.jp までメールにてご予約ください。件名は「林青那ポートレート予約」にてお願いいたします。

 ・お名前
 ・人数
 ・当日連絡がつく電話番号
  ※おおよその希望時間(二時間~)がございましたら、第二希望までご記入ください。
(例 第一希望:2日13:00~16:00/第二希望:3日16:00~18:00)


ポートレート予約スケジュール(1名15分)

4月2日(土) 13:00-17:00 10名程 満席となりました
4月3日(日) 13:00-19:00 15名程 満席となりました

追加日:
4月15日(金) 13:00-19:00 15名程 満席となりました
4月16日(土) 13:00-19:00 15名程 満席となりました





よくあるご質問

・家族一緒に描いてもらえますか? 
同じ枠内に一緒には描けません。お一人ずつ描きます。ちなみにお子さんは0歳からOK。

・ペットはよいですか?
動物は不可です。

・本人不在で(写真で)描くことはできますか?
基本的にお断りしていて、ご本人に来ていただきます。
(ご病気など、場合によって検討させていただきます。ご連絡ください。)

weekend mamelon




mame


中目黒のdessinにて<mamelon>展示会を開催致します。
一月に開催させて頂いた折りに、多くの方に楽しんで頂けてとても嬉しく思いました。
今回はmamelon 今期の新作「fictive hill triveのオーダーとアーカイブ展」となります。
そして、アーティストのYuki Mikamiさんのアートワークの他、
美術作家 michiko fujitaさんのスカートたちと、最終日には扇谷一穂さんのライブもあります。

詳細はfacebookイベントページにてご覧頂けます。
https://www.facebook.com/events/982745465124039/


会場:dessin | デッサン
会期:2016年3月19日(土)→ 21日(月・祝)
時間:12:00 - 20:00(最終日は17:00まで)
入場:無料





workshop *「はじめてのロウ付け」*

 前回好評だったワークショップも引き続き開催致します。
 10K、シルバーからお選び頂き、ご自身のサイズで細いリングをお作り頂きます。
 マンツーマンでお手伝いさせて頂きます。
 ◇10Kリング  ¥6,000
 ◇シルバーリング  ¥3,500

 *ともに材料費込みです
 *所用時間は約40分程度とお考えください。(最終受付は19、20日は19:00、21日は15:00です)
 *ご予約承れます。なお当日参加も可能です。
  ゆっくりと進めて行くので、もしお時間に余裕がないようであれば
  事前に予約して頂けるとお待ち頂くことなく出来ますので、どうぞご連絡くださいませ。

 (左が10K、右がシルバーです)

 weekend mamelon





event *「扇谷一穂 live -やまびこの声- 」*

 日時:3月21日(月・祝)17:00-18:00
 会場:dessin | デッサン
 料金:2,000円

 扇谷一穂(Oogiya Kazuho)
 東京生まれ。幼少時より能とバイオリンを習う。中学生の時ジャズを夢中で聴くうちに、
 音としての自分の歌声の響きに面白さを感じ、大学在学中にオリジナル曲を作り始める。
 ’02年オリジナル曲アルバム『しののめ』(midicreative)、にてアルバムデビュー。
 深く手触りのある歌声と、都会的なセンス溢れる詞と楽曲で注目を集める。
 ’07年におおはた雄一プロデュースによる、スタンダードを中心としたカバーアルバム『Canary』(galactic)
 ’10年に『たくさんのまばたき』(tropical)をリリース。3アルバムともにアートワークを自ら手がけ、
 個展・ライブを重ねる。CM曲やナレーション、朗読、客演作品も多数。ゴンチチのクリスマスアルバムへ
 作詞・歌唱で参加するなど多彩に活動している。
 http://kazuhooogiya.wix.com/kazuhooogiya

 *お問い合わせ、ライブのご予約は、お名前(ふりがな)、当日のご連絡先、ご予約人数を明記の上、
  info@mamelon.bizまでお願い致します。

 weekend mamelon


dessin brocante






新しいもの、古いもの、べんりなもの、楽しいもの。
色々なものを集めたマーケットを開きます。
sneeuwによるフェルトのペンケースや、ブックカバー、PCケース。
eriko ogataの新作アクセサリーと小皿。
そのほか、アメリカ、フランス、スイス、ドイツの古いものを中心に
旅先で出会った変わったものを集めました。
どうぞお楽しみください。

出展:小方英理子・雪浦聖子(sneeuw)・田中歩(Totodo)



会場:dessin | デッサン
会期:2016年1月23日(土)→2月7日(日)
   ※2月21日(日)までの会期延長となりました!
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

●レセプションパーティー
1月23日(土)14:00 -16:00

●作家在廊日/小方英理子
1月31日(日)14:00 -18:00
お選びいただいた磁器の台座に、ご希望にあったアクセサリーパーツや、木製キャッチをお付けします。
イヤリング・ピアス・ブローチがお作りできます。 どうぞお誘い合わせのうえお越しください。





◆小方英理子 / ERIKO OGATA
武蔵野美術大学 テキスタイルコースを卒業後、2005年より2年間NYに滞在。
Greenwich House Potteryで陶芸を始める。
Peter Gourfain氏の元、家畜や剥製をテーマにした立体作品を制作する。
帰国後は《記憶をとどめる方法》、《素材と生き物の境界線》をテーマに
黒泥土や磁器によるタイル作品や、人物をモチーフにした立体作品を制作している。
また、2013年より磁器によるブローチや小皿を作り始める。
http://eriko-ogata.tumblr.com


◆雪浦聖子(sneeuw)
1978生まれ東京大学工学部卒業後、住宅設備メーカーに勤務。
その後、ESMOD JAPONで服飾デザインとパターンを学ぶ。
卒業後、YEAH RIGHT!!にてアシスタントを経験。
2009年にsneeuwを立ち上げる。

sneeuw(スニュウ):オランダ語で雪のこと

brand concept:「clean and humor」
シンプルな中に遊び心のある仕掛けをちりばめて
日常を、少しだけ浮き上がらせる身の回りのものを作っていく。
http://www.sneeuw.jp



旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケット in dessin vol.6 - 北欧・バルト三国・東欧の手芸書展 -(11/27 - 12/13)




モダンで優れたデザインをそなえた、北欧ならではの手工芸の世界。
そして独特のフォークロアを色濃く残すバルト三国や東欧の手仕事の数々。

ヨーロッパの国々を旅して集めた、魅力あふれる手芸古書と
一部の新刊書籍を集めた販売会を行います。

デンマーク・フレメの刺繍本、エストニアやラトビアのミトン本、
スウェーデン織りのパターン集など、多岐に渡るジャンルの書籍が
数百冊集います。

時代と海をこえてやってきた、ヨーロッパのノスタルジックな手芸本たちを
ごゆっくりとお楽しみください。


会場:デッサン | dessin
会期:2015年11月27日(金)→ 12月13日(日)
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料



■ EVENT


◎白樺細工のワークショップ

(1) 12月5日(土)13:00~15:30
 クリスマスオーナメント① 参加料: 4,200円

(2) 12月12日(土)13:00~15:30
  クリスマスオーナメント② 参加料: 4,200円

*フライヤーに4,000円と記載しておりましたが、正しくは4,200円です。
 お詫びするとともに訂正させていただきます。
*ワークショップ募集の開始は11月20日から始める予定ですので、
 もうしばらくお待ち下さい。

講師: 鎌田祐子(せいせき白樺部 主催)
各回定員5名 古書玉椿HPからお申込みを受付けます。

◎キット販売
会場にて『ツヴィストソムと北欧刺繍』著者・手芸作家kiccaによる
刺繍キットの販売もいたします。



■古書玉椿は...
高松にある古書店。
手芸や絵本、各種アートブックや、アンティーク雑貨を取り扱う。
年数回の海外買付にて、世界各国の手芸書を蒐集。
Tel&Fax: 087-813-3970
http://tamatsubaki.net/


一色美奈保個展「休日」








休日をテーマに絵を描きました。
日本画の画材(岩絵具・水干絵具)も使用しています。
休日の気持ち良さを多くの方と共有できればいいなと思います。





会場:dessin | デッサン
会期:2015年11月18日(水)→11月23日(月)
時間:12:00 - 20:00(最終日は18:00まで)
入場:無料


◆ 一色美奈保 1991年生まれ。大阪府在住。
京都精華大学日本画コース卒業。
202oneone.com

wea - handmade tableware - 「雪は踊っている、 落ち葉は舞っている」








wea(ウェア)は、造形作家の渡邉紘子と陶芸作家ユニットの Satoko Sai + Tomoko Kuraharaによる
「食べ物のための洋服(wear)」 をイメージしたテーブルウェアです。
三人の子供時代の記憶の中にある風景や匂い、味などを拾い集めて、
秋のお皿と冬のお皿が出来上がりました。





会場:dessin | デッサン
会期:2015年10月31日(土)→11月15日(日)
時間:12:00 - 20:00(火曜定休)
入場:無料

●オープニングパーティー
10月31日(土)14:00 -16:00
山フーズさんによるクッキーとドリンクをご用意して小さなパーティーを行います。
どうぞお誘い合わせのうえお越しください。



◆渡邉紘子
1981年生まれ。多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業。University of Art and Design Helsinki留学。
会社員を経て、フリーでの創作活動を開始。日常生活や思い出を再構成し、主に布や糸で作品を制作している。
東塔堂より作品集「スプリング・コレクターの話」を出版。
hiroko-watanabe.com

◆Satoko Sai + Tomoko Kurahara
崔聡子と蔵原智子による陶芸作家ユニット。2002年に多摩美術大学工芸学科陶コースを卒業し共同制作をスタート。
シルクスクリーンによる陶器への写真転写など、量産技術と手仕事を組み合わせて陶器を制作。
展覧会での作品発表や受注制作のほか、フィンランドの写真家とのプロジェクト『inner landscapes』を継続中。
saikurahara.com

写真:山本彩乃

ニットのお店 「seesaw」販売&受注会



東京都墨田区京島にちいさなアトリエをかまえるニットのお店
seesaw(シーソー)は、このたび冬服の販売&受注会を致します。

レディースのセーターをメインに、現品限りで販売のものや
受注販売のものを置きます。
ユニセックス、赤ちゃんのものも数点あります。

おばあちゃんのセーターが受け継がれるような、
長く愛されるものづくりを目指しています。
寒くなるのがちょっとわくわくするようなセーターと
お待ちしております。



会場:dessin | デッサン
会期:2015年10月3日(土)・4日(日)
時間:12:00-20:00
入場:無料

seesaw(シーソー)
HP: www.seesaw.tokyo
mail: seesaw.tokyo@gmail.com
Instagram: https://instagram.com/seesaw.tokyo/
facebook: https://www.facebook.com/seesaw.tokyo

生平 桜子「ferne」(10/10 - 10/25)



ferne (音楽用語・独)
= とおい、はるかな

架空の音楽家の身の回りを描いた
リトグラフとドローイングの展示をいたします。

また、本展に合わせ、展示会場にて、
トイピアニスト奏者の木太聡による演奏会も開催いたします(要予約)。
ぜひ会場にお越しください。


会場:dessin | デッサン
会期:2015年10月10日(土)→ 10月25日(日)
時間:12:00-20:00
入場:無料


プロフィール
生平 桜子 Sakurako Oidaira
1994年生まれ。神奈川県在住。桑沢デザイン研究所卒業。
主に鉛筆、ペンなどの線画、リトグラフの制作を行う。
http://sakurakooidaira.tumblr.com/

EVENT

木太聡 演奏会「或る少年」

トイピアニスト奏者の木太聡さんによる演奏会を行います。

木太聡 AKIRA KITA
トイピアノ、鍵盤奏者 / 映像作家。
雨と休日、KAMIORI KAORIにて新作を発表。
min� perhonen 2015S/Sなど、楽曲提供。
ワタリウム美術館等、現代アートとして美術界でも演奏活動。

日時:10月18日(日)17:00-18:00
会場:dessin | デッサン
料金:1,500円 (1drink付き)
定員:20名

*ご予約は、件名を「10/18 或る少年」とし、 本文にお名前、希望席数、ご連絡先をご明記の上、info@dessinweb.jpまでメールをお送りください。

*演奏中はご予約のお客様のみの入場になります。あらかじめご了承ください。

Early Birds Morning(9/5 - 9/21)








9月5日(土)より、 Little morning kitchen 主催の展示販売会「Early Birds Morning」が始まります。
石鹸、アート、パジャマ、テラリウム、ステンドグラス、オーガニックフード...etc.
1日のはじまりが楽しくなる品々が揃います。
初日には朝ごはんを一緒に食べるイベントも開催いたします。ぜひお越しください。


会場:デッサン | dessin
会期:2015年9月5日(土)→ 9月21日(月)
時間:12:00-20:00(最終日は18:00まで)
入場:無料

○ Morning Event - Little Morning Kitchenの朝ごはん -
日時:9月5日(土)9:00~
定員:8名(予約制)
参加費:1200円
・ご予約はメールにて承ります。(nagi@littlemorningkitchen.com)
・定員になり次第応募を締め切らせていただきますので、予めご了承下さい。


             *


・Kadue Fabrique(天然成分100%の無添加マルセイユ石鹸)
 肌に優しいこと、泡立つこと、使い心地を第一に、丁寧に作られています。
 朝の目覚めにぴったりの石鹸を置きます。
 http://kaduefabrique.stores.jp

・MASAYOSHI SUZUKI(イラストレーター / ペインター)
 「Early Birds Morning」のために描き下ろした、朝風景にぴったりのアートを
 展示販売予定。キッチンやベットサイドにお気に入りの絵を、探してください。
 http://www.masayoshisuzuki.com

・NOWHAW(パジャマ)
 いびき担当の幸太郎くんと、寝相担当のチューソンちゃん夫妻の手がける
 「新しく思いがけない驚きのある休日と世界」を過ごす為のパジャマブランドです。
 http://nowhaw.com

・PAVILION!(テラリウム)
 青山の花屋logiのオーナー、宇田陽子さんが手がける「PAVILION!」。
 無駄な装飾は一切排除され、そのストイックな小宇宙の中にドライフラワーや
 ブリザードフラワー、さらにはペイントを施した植物がアレンジされています。
 生花が放つ、その時、その瞬間の美しさをずっと見つめていたい、という思いから
 生まれた「PAVILION!」は、ベットサイドやキッチンでの朝の空間を演出します。
 http://pavilion.jp.net

・STAINED GLASS BOUQUET(ステンドグラス / キルンワーク)
 季節や気分によってお気に入りの花束を飾るように、
 毎日の生活に寄り添うデザインの作品が並びます。
 ステンドグラスと過ごす日々が、ほんの少しでも楽しく、
 そしてゆったりと心地の良いものになるように願いながら、
 ひとつひとつ大切に制作されています。
 http://sg-bouquet.com

・LITTLE MORNING KITCHEN(オーガニックフード)
 厳選されたオーガニック素材からできた、スーパーフードグラノーラでパワーチャージ。
 http://www.littlemorningkitchen.com


SMALL THINGS (7/24 - 8/9)



グラフィックデザイナー、子供服作家、アクセサリー作家が集まり、 3つの異なるジャンルで合同展示を開催いたします。 共通テーマは SMALL THINGS。 それぞれがちいさなコト・モノへ視点を向けた作品展です。 会場での作品展示販売のほか、 夏休みの会期に合わせた週末イベント、 ワークショップも企画しています。 お友達やお子さまとの参加をお待ちしております。 ちいさな発見&お買い物に是非お立ち寄りください。

芦野紀子/グラフィックデザイナー
多摩美術大学卒。グラフィック、イラストレーション、キャラクターデザインなどを手がけている。絵本 ブラッフィー(小学館)出版。今回は、ポスター展示、カード&陶器小物などを出品。
http://apod.dunked.com

クチル・ポホン(井上アコ)/子供服作家
「着ていて楽しくなる服」をモットーに、雑誌、著書本、ワークショップなどで作品を発表している。こどもの絵をその場で刺繍する「ライブ刺しゅう」のイベント・ワークショップも各地で展開している。会期中は、子ども服とおとな服、ライブ刺しゅうイベントやワークショップを開催する。
http://www.kecil-pohon.com

Cherry Red Pieces/アクセサリー作家
桑沢デザイン研究所卒。cherry red piecesとして、シルバーやガラスビーズのオリジナルアクセサリーを制作している。会期中は、親子で使えるアクセサリーの展示やレジンを使ったアクセサリーワークショップを開催する。
http://www.cherryredpieces.com

   


*以下の EVENT / WORKSHOP はdessin店頭もしくはお電話/メールにてご予約承ります。03-3710-2310 / info@dessinweb.jp
*定員に空きがある場合は、予約なしでレッスンにご参加いただけます。
*予約後のキャンセルは、材料調達の都合上できません。あらかじめご了承ください。


EVENT

「ライブ刺しゅう」 -みんなの絵がそのまま刺しゅうに-    

by クチル・ポポン/井上アコ


日時:7月26日(日)12:00~18:00(最終受付は17:00)
所要時間:約45分
参加費:Tシャツ(Size90~160) \4,200~
    リネンハンカチ L \3,300 S \2,800
    リネンプチバッグ \3,800
    リネンティッシュケース \2,000
    リネンがま口ポーチ \4,500
    お手持ちのハンカチなどに刺しゅうする場合 \2,000~
    (税、刺繍代込み)


↓こちらは、過去に開催した「ライブ刺しゅう」のもようです。
自分の描いた絵が目のまえで刺しゅうになっていくようす、
子どものまなざしから、ドキドキする気もちが伝わってきます。
https://vimeo.com/105597420


WORKSHOP

「お好きな絵を刺しゅうしたリネンのプチバック」       

by クチル・ポポン/井上アコ



日時:7月25日(土)12:30~14:30/15:30~17:30
参加費:3,500円(税込)
持ち物:刺繍したい絵(4cm×4cmほどの小さなシンプルなもの)

定員:各レッスン4名(空きがある場合はご予約なしでもレッスン可。)


WORKSHOP

「レジンで作るネックレス or イニシャルキーホルダー」

by Cherry Red Pieces



日時:7月30日(木)13:00/14:00/15:00/16:00
   7月31日(金)13:00/14:00/15:00/16:00
   8月1日(土)13:00/14:00/15:00/16:00
   8月2日(日)13:00/14:00/15:00/16:00

所要時間:約45分
参加費:1,600円(税込)
対象年齢:6歳以上
*小学生以下のお子様は保護者同伴でお願い致します。

定員:各レッスン4名(空きがある場合はご予約なしでもレッスン可。)

http://www.cherryredpieces.com/2015summerlesson.html
*「ちょっとチャレンジ簡単レッスン」が追加いたしました!

刑部信人写真展 「花火」 (6/13 - 6/28)


刑部信人写真展 花火



このたび デッサンでは、写真集『花火』(FOIL) の出版を記念して
刑部信人写真展「花火」を開催いたします。

会場では今年4月に出版された写真集『花火』(FOIL) を販売、
東京では初となる、オリジナルプリントを展示いたします。

夏の夜長、降りそそぎ、流れるような光の風物を
ぜひ会場にてご覧ください。





花火の写真を撮ることには、抵抗があった。
誰が撮っても、それなりに綺麗に撮れ、
オリジナリティーを探すことができなかった。
周りの風景を入れて撮影したものでしか個性をだせないものが多く、
花火単体での美しさと向き合って表現するのは難しいと思っていた。

2012年、本格的にデジタルカメラでの作品制作を始めた。
今までのフィルム写真とは違い、PCモニター上では細部まではっきりと見えた。
アナログ写真とは圧倒的に違う解像度という概念が、そこにはあった。
写真=解像度。高解像度でみたことがないものを撮影しようと思った。
CCDが光を電気に変換し、画像信号をメディアに記録し、再生する。
すべて電子的過程で行うデジタル写真は、
カメラという箱のなかに小さな宇宙をつくっているように感じた。

その年の夏。多摩川の花火大会にいった。
そこで、この「花火」のシリーズの核となる写真を撮影した。
一瞬の爆発から生み出させれる無数の美しさは、
まるで宇宙を見ているかのようだった。
一枚一枚表情が違い、唯一無二の存在であり、
無限に広がる空間と時間を「花火」のなかにみた。

「花火」の作品は、宇宙への憧れを表現している。
画面でしか見たことない宇宙を、花火と写真と使って具現化している。
もしいつか宇宙にいくことがあれば、どんな光がそこにはあるのだろう。
ひときわ輝きを放つ光景を、永遠に撮影できる気がする。

刑部信人





会場:デッサン | dessin
会期:2015年6月13日(土)→ 6月28日(日)
時間:12:00-20:00(火曜休み)
入場:無料


*トークイベント
6月21日(日)18:00~
刑部信人(写真家)
秋山史織(キュレーター / 箱庭)

6月27日(土)18:00~
刑部信人(写真家)
小柳祐介(アートディレクター)
西野圭亮(コピーライター)
※ 対談予定の三島邦彦さんは都合のため欠席となりました。何卒ご了承ください。

定員:各回20名
入場料:¥1,000(1ドリンク付)
※参加人数により、立ち見となる場合もございます。何卒ご了承ください。

トーク終了後には、サイン会を行います。
ご予約、お問い合わせは電話、もしくはメールにて承ります。

03-3710-2310
info@dessinweb.jp
※メールでのご予約は参加日、氏名、参加人数を記入の上ご応募ください。

"Sabato" アオイ・フーバーと DRILL DESIGN によるテーブルウェア(5/2 - 5/17)



sabato 展 アオイ・フーバー


変則的なリズムを刻む図形や線、
気ままなポーズを取る動物たち。

南スイスを拠点に活動するアーティスト、アオイ・フーバーが描くイラストには、
朗らかさとともに鋭い感覚で状況を捉えた、独特の抑揚が存在します。
そんな魅力的な絵を収めたカップやプレートがこの「Sabato(サバト)」です。

イタリア語で土曜日を意味する「Sabato」という名前を持つこのシリーズ。
平日の終わりで、休日の入り口である土曜日のようなリラックスした時間を、
Sabatoとともに過ごしてほしい。
そんな思いを込めてデザインしました。
製造には日常の器を作りつづけてきた波佐見焼の知識と技術を活かし、
使い勝手の良いセラミックウェアに仕上げています。


会場にてsabatoのカップやプレートなどテーブルウェアを展示販売いたします。
シリーズ全品をお手にとってご覧いただける機会となります。
ぜひご来場ください。


会場:デッサン | dessin
会期:2015年5月2日(土)→ 5月17日(日)
時間:12:00-20:00(火曜休み)
入場:無料
販売元:東京西海株式会社




アオイ・フーバー
1936年東京生まれ。
スウェーデン王立美術大学を経て、62年に渡伊。
マックス・フーバーの元でイラストレーションの仕事に携わりつつ、
ブルーノ・ムナーリやアッキーレ・カスティリオーニらと恊働。
代表作にネフの「アニマルパズル」、絵本『il grande pesce』など。
現在は愛猫Sabatoと一緒に南スイスに暮らしている。


DRILL DESIGN
林 裕輔と安西葉子の二人によるデザインスタジオ。
プロダクトからグラフィックまで幅広く活躍。
主な作品に椅子シリーズ「VILLAGE」、オリジナル合板 Paper-Woodによる「Paper-Wood STOOL」、
紙の地球儀「geografia」や帆布を使った小物「JOBU」など。
http://www.drill-design.com

高橋漠 ガラス展 かたちの中身 (4/1 - 4/6)



■高橋漠 ガラス展 かたちの中身

ガラスという素材は透明です。じっと透明なものを見ていると周りの風景やかたちの裏側に影響されながら存在していることに気づかされます。毎日ガラスで何かを作っては、向きを変えてどこかに置いてみたり中を覗き込んだりしているといろいろな驚きや発見がありました。
ぜひ作品を手にとって目を凝らして、触って色やかたちを感じてみてください。

会場:デッサン | dessin
会期:2015年4月1日[水]→ 4月6日[月]
時間:12:00-20:00(最終日は18時まで)
入場:無料

■高橋漠
1986年 福岡県宗像市生まれ
2010年より長野県の安曇野市にある、あづみ野ガラス工房の運営に参加する。
今年から福岡県に拠点を移しての活動を予定している。 http://bakutakahashi.com






氷見こずえ個展 ”デッサン”(3/18 - 3/23)


氷見こずえ個展 デッサン

5年振り2度目の個展を開催します。
仕事では実際に見たことも会ったこともないものを描くことが多いのですが
いったん初心に返って、描かせていただく対象と誠実に向き合おうと思いました。
今回の個展では、自分の目で見たものを、出会ったときの印象に忠実に描いた絵だけを展示します。
ぜひお越しください。お待ちしております。
氷見こずえ



会場:デッサン | dessin
会期:2015年3月18日[水]→ 3月23日[月]
時間:12:00-20:00(最終日は18:00まで)
入場:無料



氷見こずえ
フリーランスのイラストレーター。
東京生まれ、在住。
http://www.himikozue.com/

《アメリカ絵本の黄金期》 fabulous old book in dessin (4/11 - 4/26)


アメリカ絵本の黄金期 fabulous old book in dessin

★《アメリカ絵本の黄金期》 fabulous old book in dessin

ファビュラス・オールド・ブックは、1940~70 年代にアメリカで発行された絵本を中心に、当時の雑誌、雑貨、コレクターズアイテムを扱っています。1940~70年代のアメリカ絵本は、ぜいたくなものが、ていねいに作られていた、私達の考える「アメリカ絵本の黄金期」。紙質、印刷共に現代では再現できない物ばかりです。今回は同時代の世界の絵本と共に展示販売いたします。

会場:デッサン | dessin
会期:2015年4月11日[土]→ 4月26日[日]
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料



★fabulous old book / ファビュラス・オールド・ブック
〒650-0011
神戸市中央区下山手通4-1-19 西阪ビル4F
078-327-7883
http://fobook.com/

SWISH!「OFF THE SHELF」 (1/31 - 2/15)



■SWISH!「OFF THE SHELF」

まだまだ続く寒い日がうれしくなるSWISH! のニット小物がデッサンに並びます。
シンプルでいてビビッドなカラーリングと編み模様。
ざっくりと空気を包みながら編まれているからほんとうにあたたかくて
手放せなくなるアイテムばかりです。
期間中、SWISH! セレクトの本も展示販売いたします。

会場:デッサン | dessin
会期:2015年1月31日[土]→ 2月15日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

■SWISH!
Handmade knit Maker
http://www.shopswish.com/






ふぉりくろーる。のロシア絵本展 vol.5 (1/9 - 1/25)



■ふぉりくろーる。のロシア絵本展 vol.5
「ロシアのおはなし・うた・なぞなぞ」

むかしロシアのうつくしい絵本。
それは素敵なおはなし・うた・なぞなぞ。
うっとり愛でたい一冊の詩集。

会場:デッサン | dessin
会期:2015年1月9日[金]→ 1月25日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

■ふぉりくろーる。
いまのロシアが、かつてソ連とよばれていた頃に 出版された古い絵本を中心に、どこか懐かしくて ポエジーのある絵本を販売しています。
http://folklor.jp
岩手県奥州市水沢区南町2-17
tel/fax 0197-47-5539





DESSIN クリスマス マーケット (12/6 - 12/25)



DESSIN クリスマスマーケット

ちいさなクリスマスマーケットを開きます。
kick FLAG、渡邉紘子、SWISH!、小方英理子、カワチ製菓の個性的な作家さんたちに集まってもらいました。
バッグ、手編みのニット、アクセサリー、おいしいお菓子…クリスマスの贈り物、自分へのプレゼントを探しにどうぞお越し下さい。

**

会場:デッサン | dessin
会期:2014年12月6日[土]→ 12月25日[木]
時間:12:00-20:00[火曜休み(12/23を除く)]
入場:無料
企画:伊佐治栄里


12月23日(火・祝)のみ、14時から17時にパーティーを行います。
作家さんも在廊予定です。

★dessinのクリスマス・ゲーム
黒ひげサンタ危機一髪ゲームでプレゼントが当たります。参加無料。
開始時刻:15:00/16:00/17:00(各時間一回開催)
参加資格:当日1000円以上お買い上げいただいた方 or 出展作家のアイテムをお持ちいただいた方

★渡邉紘子“かけらショップ”
いろいろな自作パーツからその場でアクセサリーを作ってくれます。
どなたでも参加自由です。お待ちしております!

***

★kick FLAG
シンプルでミニマルなデザインに意外性のある素材を組み合わせたkick FLAGのグラフィカルなバッグはデッサンでの展示会でもいつも人気です。定番のトートバッグやカラフルなポーチがやってきます。
http://www.kickshop.jp

★渡邉紘子
渡邉紘子さんは独特の世界観を糸や布を使って表現しているテキスタイル作家です。今回は細やかな手仕事で作られたアクセサリーやハンドプリントの作品を出品します。身につけるとわくわくと気持ちが高まるものばかりです。
http://hiroko-watanabe.com/

★SWISH!
他にはない色使いが魅力のハンドメイドニットメイカー。寒い日がうれしくなるニット小物、swish!スタンダードのハンドウォーマー、ネックウォーマーなどが並びます。ざっくりとした編み目が空気を包んであたたかいです。
http://www.shopswish.com

★小方英理子
陶作品を中心にオブジェなどを製作しているアーティストの小方英理子さん。人気のブローチや新作の小皿などを出品します。どこかの国の不思議な物語から抜け出したような人物モチーフは存在感があっておすすめです。
http://eriko-ogata.tumblr.com

★カワチ製菓
金属工芸家でありながらお菓子の研究、制作をしているカワチ製菓さん。遊び心あふれる焼き菓子はおもしろくてそぼくな美味しさ。一点一点作られたカトラリーはあれもこれもとそろえたくなります。どれもプレゼントにぴったりです。
http://www.kawachiayaka.com

カワチ製菓/川地あや香 展 (11/15 - 11/30)



カワチ製菓/川地あや香 展

昨年に引き続き2回目となります「カワチ製菓/川地あや香 展」を開催いたします。

山形で 金属工芸とおやつの制作活動をする
"カワチ製菓"の素朴で滋味深い焼き菓子たち
とともに、食にまつわる金工作品が並びます。
使ってみたくなる手作りの焼き印、
真鍮やステンレスのカトラリーや
金づちでたたいて作られたお皿は、
普段使いにも贈り物にもうれしい一品です。
dessinで読書と食の時間をゆったりとお過ごしください。

**

会場:デッサン | dessin
会期:2014年11月15日[土]→ 11月30日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料
◎初日11/15、作家在廊の予定です。お待ちしております!

***

■川地あや香
2011年末まで,東京でカフェ・小売店の会社員をしたあと、
2012年に 山形県に移住。
お菓子も売ることで、より焼印の楽しさを表現したいというきっかけもあり、
お菓子用の小さな工房を設けて、カワチ製菓としても、始動。
http://www.kawachiayaka.com

dessin | デッサン について





dessin(デッサン)は中目黒にある古書店です。子どものための絵本から、大人も楽しい絵本、画集、写真集など、ヴィジュアルがメインの本を主に取り扱っています。2Fにはギャラリースペースがあり、アーティストの展示や、個性的なショップの出張販売などを定期的に開催しています。

2012年に東山にオープンした店舗は、2017年4月5日に上目黒に移転いたしました。

デッサンという店名は、本を読んだあとにその本のページを見ながら絵を真似てノートに描いてみる、という小さな頃の経験から着想を得て名付けました。弊店の本が、絵を描く、写真を撮る、もしくはまた別の何かのきっかけになれば幸いです。

渋谷には姉妹店のTotodo | 東塔堂があります。
http://totodo.jp

店内はベビーカーのまま、お子様連れでお入りいただけますのでお気軽にどうぞ。

















過去の展示



西村祐貴さんの補集合の本の刊行記念として、
『ことばのなかに、なにがある展』を開催いたします。
略して『ばかになる展』とおぼえてみましょう。
(補集合の本をご存じない方は、まずこちらに掲載しているyoutubeからご覧ください。)

展示は「穴のあいたフィルターを文章の上にかさねると
別のことばがうかびあがってくる」という、ことばあそびの作品展示です。

「補集合の本」の展示販売の他に、ミニ新作を数点ならべます。 展示とはいえ、じかに作品を手にとって、
(ちょうどタイトルイラストのこどもたちのように)体験する参加型の内容です。期間中にはワークショップも行いますので、ぜひおたのしみください!


会場:デッサン | dessin
会期:2014年10月18日[土]→ 11月3日[月]
時間:12:00-20:00(最終日18:00まで)
入場:無料


※ワークショップ
『ありがとうのなかに、なにがある』カードを作るワークショップを行います。 ことば遊びをつかって手紙を書こうというワークショップです。参加は無料ですので、お気軽にお越し下さい。

日時:10月25日[土]14時~、15時~、16時~
   10月26日[日]14時~、15時~、16時~
   

◆西村 祐貴
1985年東京生まれ。
ことばあそびを、動きや空間のなかで展開させる「アニメーションすることば」を軸として絵本やプロダクトの制作と販売を行う。
星功基との文字とことばのデザインユニット「二歩」としても活動中。

【受賞歴】
第14回学生CGコンテスト インタラクティブ部門ノミネート
第22回紙わざ大賞入選
Asia Digital Art Award 2012 エンターテインメント部門入賞

http://www.nishimurayuuki.com/









うるおっている風景、みつけました。

句集〈ハロー風景〉の世界を、モビールと絵画により空間に再構成いたします。7月にグランファブリック(大阪)、 8月に恵文社コテージ(京都)にて開催された大原大次郎の個展が、中目黒へ巡回いたします。

〈ハロー風景〉という本をはじめ、モビール作品や絵画、京団扇などの販売もおこないます。是非ご来場ください。


会場:デッサン | dessin
会期:2014年9月7日[日]→ 9月21日[日]
時間:12:00-20:00
入場:無料


◆オープニングパーティー
9月7日[日] 17:00~19:00、オープニングパーティーを開催致します。無料・参加自由です。お待ちしております。


◆大原大次郎
1978年神奈川県生まれ。2003年武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。同年omomma設立。 デザインワークや映像制作に従事するほか、展覧会、ワークショップ、パフォーマンスなどを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを多数展開する。2014年TDC賞、JAGDA新人賞受賞。


◆ハロー風景
詩人、寸の俳句と大原大次郎のデザインによる句集です。うるおいをテーマに、ページをめくるたび軽やかに風景が浮かびます。京都市左京区の銭湯、銀水湯の入り方を記述した、村田智によるダイアグラムのポスターも付いています。

http://hellofukei.com













このたび、有賀 薫 企画『スープ・レシピ』―毎朝スープのあるくらし―展を開催いたします。

「もしも私がレシピ・ブックを作るとしたら」。

毎朝スープを作り続けるスープ作家の楽しい空想を、カタチにしました。

これまでの1000近くにわたるレシピから、より抜きのスープの作り方やスープ作りにまつわるコラムを、レシピ・ブックのスタイルでお見せします。

会場:デッサン | dessin
会期:2014年7月4日[金]→ 7月6日[日](最終日18:00まで)
時間:12:00-20:00
入場:無料


◆有賀 薫 プロフィール
1964年東京生まれ。
ライター業のかたわら、2010年より食をテーマにした絵画や写真などの 展示・イベント活動を行う。
2011年12月より毎朝、スープを作って撮影し続けている。 2013年4月、365日のスープ写真を展示した『スープカレンダー』を開催し 900日を超えた今も作り続けている。

http://kao-run.com/






丸山素直個展 花々と小鳥の日

このたび丸山素直 個展 「花々と小鳥の日」を開催いたします。
日々描いている花々をはじめ、過去の作品や新作を展示します。

**

会場:デッサン | dessin
会期:2014年5月24日[土]→ 6月8日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

***

■丸山素直(まるやま すなお)
イラストレーター/デザイナー
illustrator/graphic designer

1983年生まれ。

東京藝術大学デザイン科卒業後、同大学院を修了。
在学中にウィーン応用美術大学でグラフィックを学ぶ。

花や小鳥を描いた作品が多い一方で、音楽や言葉など、
形の見えない物をイラストやアニメーションにした作品も制作。

2006年度TURNER AWARDにてイラストレーション賞受賞。

フランスのinstitubesからデビューしたシンセサイザーバンド
「CRYSTAL」のメンバーでもあり、東京の他、パリでもライブをする等、
音楽活動も行っている。

http://sunao-maruyama.com



星屑珈琲展

このたび平岡瞳版画展「星屑珈琲」を開催いたします。
珈琲と喫茶店を巡るひとつの想いを版画で物語る展覧会です。
会場は中目黒のデッサンと神保町のラドリオ。それぞれ展示内容が異なります。
心地よい季節の中、それぞれの町に足を運んでいただければと思っています。

実在の喫茶店にご協力いただき、
ひとつの物語が現実と交わることができました。
ぜひ会場にて、物語の続きをご覧ください。



作家より:
珈琲をこよなく愛する義弟がいます。
正月に帰省した時、豆を挽いて丁寧に珈琲を淹れてくれました。
ほっと落ち着く深い香りとほろ苦い味がとても印象的でした。
いつか喫茶店「星屑珈琲」を開きたいと思っている彼に、珈琲や喫茶店への想いを綴ってもらいました。
どこか詩的なその心情を、版木に刻み、紙に刷り上げます。

珈琲の香りに包まれた空間での木版画展「星屑珈琲」をぜひご高覧ください。

**

会場:デッサン | dessin
会期:2014年4月26日[土]→ 5月11日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料
イヴェント:西荻窪のお惣菜屋さん、haru.にご協力いただき、珈琲によくあう焼菓子をデッサンにて販売します。
5月3~5日にご購入いただいた方に、淹れたての珈琲をサービスいたします。

会場:神保町ラドリオ
住所:東京都千代田区神田神保町1-3
電話:03-3295-4788
会期:2014年4月26日[土]→ 5月11日[日]
時間:月~金=11時30分~22時30分(LO 22時)/ 土=12時~21時(LO 20時30分)
   [日祝休み]*5月3~6日は12時~18時営業
*喫茶店につき飲物のご注文をお願いします

***

■平岡瞳(ひらおかひとみ)HP
1981年生まれ 愛知県出身 東京在住
愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻卒業
大学在学中から木版で制作を始める
現在フリーのイラストレーターとして、書籍や雑誌、教科書や絵本などの媒体で活動中

主な仕事:
石井睦美=作・平岡瞳=絵『たのしいピクニック』(BL出版)
鳥海明子『ひとりごはんの薬膳レシピ』(誠文堂新光社)の装画と挿絵
『ふれあいケア』(全国社会福祉協議会)の表紙
『看護』(日本看護協会出版会)の表紙
お野菜を中心としたお酒にもよくあうお惣菜のお店「 haru.」の看板イラスト

主な展示:
2012年HBギャラリーにて『版画のイラストレーター展凸凹』(2014年6月に凸凹展2を開催します)


このたび、2回目になりますプチミュゼの展覧会 「プチミュゼのノスタルジックな部屋」と、同時に「BACCOのオマージュ?」展を開催いたします。

プチミュゼは、フランスの古い紙とレースを中心に、アンティークのある暮らしを提案しています。古き良き時代への郷愁そそる品々が、現代のスタイルにも自然に馴染む楽しさを感じてもらえたらと思います。デザイン&イラストレーションユニットBACCOによる、古いデザインを遊んだ展示も合わせてお楽しみ下さい。 

会場:デッサン | dessin
会期:2014年4月5日[土]→ 4月20日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料


◆Petit musee
http://www.petit-musee.com/

◆BACCO
http://bacco-design.com/




ポートフォリオ展

■「ポートフォリオ」ってなんだ?展

多摩美術大学大学院生14名がそれぞれのポートフォリオを展示します。
ポートフォリオとは、作家が制作した作品を集めた冊子のことです。
つまり、「まとめて、伝える」という、制作時には考えていなかった観点で作品を見直し、本にしています。
出展者の専攻は油画・日本画・彫刻・建築・グラフィックデザイン...バラバラです。
だからこそ、お互いのポートフォリオからの刺激がたくさんあります。

ポートフォリオには、ルールはあっても正解はありません。

会場:デッサン | dessin
会期:2014年3月26日[水]→ 3月31日[月]
時間:12:00-20:00(最終日は18:00まで)
入場:無料

■出展者.
浅井里江子/渥見芽以/井口信/市塚寛子/植草夏海/栗山優里/??橋汐満/陳怡文/角田啓輔/
橋口美佐/やとうはるか/山下祥世/梁玉恬/李瀟


古書玉椿のクラフトブック・マーケットin in dessin vol.4

■旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケットin in dessin vol.4 -北欧・東欧の手芸古書展-

モダンで優れたデザインをそなえた、北欧ならではの手工芸の世界。
そして独特のフォークロアを色濃く残すバルト三国や東欧の手仕事の数々。

北欧、東欧、バルト三国や英仏などヨーロッパの各国から取り揃えた手芸書に加え、新たにドイツとチェコで買付けた品々が集います。 また今回は、エストニアなどの伝統手芸に関した新刊書籍と、ヨーロッパ服飾・手工芸史の研究者の蔵書の一部を展示販売いたします。

刺繍、織り、レース、ニット、ソーイングなどの手芸書と、手仕事に寄り添う北欧をはじめとしたアンティーク雑貨を揃えました。 時代を経てもなお、わたしたちに新しい発見をもたらしてくれる、ヴィンテージブックの魅力をお楽しみ頂けますと幸いです。

■ワークショップのお知らせ
白樺細工のアクセサリーづくり 各回定員5名
3月15日(土)(1)13時~ (2)15時半~
講習費:2,500円 

会場:デッサン | dessin
会期:2014年2月28日[金]→ 3月16日[日]
時間:12:00-20:00(火曜定休)
入場:無料

■古書玉椿は...
高松にある古書店。
手芸や絵本、各種アートブックや、アンティーク雑貨を取り扱う。
年数回の海外買付にて、世界各国の手芸書を蒐集。
Tel&Fax: 087-813-3970
http://tamatsubaki.net/


kick FLAG  2nd exhibition

■kick FLAG  2nd exhibition「NEW FLAGS」

kick FLAG 2回目の個展を開催いたします。定番さんかくトート(flag bag)のニューバージョンをはじめ、個展のために作った1点もののバッグなどならびます。

会場:デッサン | dessin
会期:2014年2月13日[木]→ 2月23日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料


■kick FLAG (キックフラッグ) 
バッグや小物をひとつずつ手作業でつくっています。 日常使いでありつつ、アクセントのある色やかたちを心がけ作品化していきます。 バッグのアイテムを「kick FLAG」とし、2012年より始動。 ポーチなどの小物は「kick」という名前でやってます。 
http://www.kickshop.jp/




りかもんてん

■りかもんてん―未来のおはなし―

「未来の地球はどーなっちゃうの?を
 深く、深~~~っく考えて、人形を作りました。
 遊びに来てね。」        
                 はやかわりか

会場:デッサン | dessin
会期:2014年2月5日[水]→ 2月10日[月]
時間:12:00-20:00(最終日18:00)
入場:無料

■はやかわりか(HR+)
フリーランスのグラフィックデザイナー。ときどきコマ撮り作家。
粘土や布など、様々な素材を駆使した自作の立体オブジェクトをコマ撮りして動画作品を製作。
http://rica.cc


■2014 羽原肅郎 カレンダー展―吉本直貴のミネラル・コレクションより

姉妹店の東塔堂にて開催しておりました、『カレンダー展・羽原肅郎コレクション』を、この度ご好評につき、デッサンでも展覧会を開催することになりました。 

2014年版カレンダーは「Yoshimoto Cube」で知られる吉本直貴のミネラル・コレクションから鉱物の神秘的な美しさに魅せられて作成いたしました. 

今回のカレンダーには鉱物の写真に賢者の言葉が添えられています.
例えば, 「自然を見よ!そして自然が教える道をたどっていけ」(Jean-Jacques Rousseau).

きっと皆様も感動されると思います. 是非ご覧下さい. 

会場:デッサン | dessin
会期:2013年11月16日[土]→ 12月8日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
協力:加藤勝也
入場:無料


吉本直貴
1940年, 山梨県生まれ. 造形作家.
代表作にニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクションとして所蔵されている「Yoshimoto Cube」がある. 

羽原肅郎
1935年, 広島県に生まれる.
桑沢デザイン研究所リビング・デザイン科研究クラス卒業.
建築写真家:二川幸夫に師事.
美術出版社・月刊『デザイン』誌編集責任者, 東京造形大学助教授, 二玄社出版部部長として『CG』誌等の編集に参加.
鹿島出版会『SD』誌デザインエディター, JIDA事務局長を歴任.
明星大学 造形芸術学部 造形芸術科 教授.
武蔵野美術大学, 筑波大学, 東京YMCAデザイン研究所, 多摩美術大学等の非常勤講師を務めた.
著書に『構造の芸術』『本へ!』等がある.
『世界デザイン史』等にも執筆.
コンクリート・ポエトリーの制作も行っている.





■USE/USE a POCKET 展

使うこともあれば使わないこともある。
単体では成立することのない
ポケットの存在とその可能性に挑戦するため、
USEははじまりました。

この度、初めての展示会を行うことになりました。
ポケットのある服でぜひ遊びにいらして下さい。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年11月9日[土]・10日[日]
時間:12:00-20:00

■USE
“USE(ユーズ)”はポケットを楽しむためのものづくりをしています。
小澤尚美・菅原あかり
use.a.pocket@gmail.com


■ふぉりくろーる。のロシア絵本展 vol.4
「1/2世紀ノスタルジア」

今から1/2世紀昔、それまでの手仕事と新しい工業の中間的手法で作られた、今はなき独特の味わいを湛えた絵本がありました。 100年という時間の連なりの転換点で生まれては消えていった、そこにしか宿り得なかった、そんな何かへのノスタルジア。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年10月25日[金]→ 11月4日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料


■ふぉりくろーる。 いまのロシアが、かつてソ連とよばれていた頃に 出版された古い絵本を中心に、どこか懐かしくて ポエジーのある絵本を販売しています。 
http://folklor.jp





カワチ製菓展

■カワチ製菓 展

山形で制作活動をする"カワチ製菓"の東京出張. 素朴で美味しい焼き菓子とともに, 食にまつわる金工作品が会場にずらりと並びます. 使ってみたくなる手作りの焼印に, 真鍮や銀のカトラリーは普段使いにも贈り物にもうれしい一品. 新作のステンレスの作品もやってきます. 秋のはじまりに, dessinで読書と食の時間をゆったりとお楽しみください.

会場:デッサン | dessin
会期:2013年9月7日[土]→ 9月23日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

*このたび "カワチ製菓"の作品集を制作しました.
 あじわいのある手仕事の数々に, 気になるレシピもついてます.(限定部数販売)
こちらで販売してます.

■川地あや香
2011年末まで,東京でカフェ・小売店の会社員をしたあと、
2012年に 山形県に移住。
お菓子も売ることで、より焼印の楽しさを表現したいというきっかけもあり、
お菓子用の小さな工房を設けて、カワチ製菓としても、始動。
http://www.kawachiayaka.com



■RESURGO ART BOOKS & PRINTS 展
この度、ベルリンで、シルクスクリーンアトリエとアートブック出版の活動をしている、本屋さん "resurgo" の展覧会を開催します。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年8月19日[月]→ 9月1日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

「一昨年、いつも美術館や博物館などを巡るだけの旅に飽きた私は欧米の市井のカルチュアを肌で感じようと街歩きをしていた。晩秋のドイツも興味深いショップに出会うことを楽しみに廻った。その時、どうしても発見出来ない本屋さんがあり、もう閉じてしまったのかと残念な思いでワイマールに向かった。今春、再び所用でミュンヘンを訪れた際、見学したい建築が幾つかありベルリンに立ち寄った。知り合いと二人で歩いていると、見つからなかった本屋さんが目の前にあるではないか、私は嬉しくなり店で話し込んでしまった。帰国後、彼らが来日すると連絡があり、短い滞在だったが、とても有意義に過ごせたと思う。彼らが東京で好きな本屋だと言っていた東塔堂の姉妹店、デッサンで展覧会が出来る。お互いにこんな幸せなことはない。」(ANOTHER FUNCTION 高橋正) 

■resurgo 
フランス人のクリシチャンとスウェーデン人のアンナのカップルが、ベルリンでシルクスクリーンアトリエとアートブック出版の活動をしている不思議な本屋さん。彼らが手掛けるアートブックは、ヨーロッパ、アメリカの多くの教育機関や美術館にコレクションされています。 
http://www.resurgo-berlin.com/







■旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケットin in dessin vol.3 -北欧・東欧の手芸古書展-
  
会場:デッサン | dessin
会期:2013年6月28日(金)~7月15日(月) 7月22日[月]まで(会期延長しました!)
時間:12:00-20:00[火曜休み] ※最終日は17時終了です

モダンで優れたデザインをそなえた、北欧ならではの手工芸の世界。
そして東欧のフォークロアを色濃く残す手仕事の数々。

スウェーデンやデンマークなどの北欧、チェコやハンガリーなどの東欧のヴィンテージの図案集や作品集、
バルト三国の手芸書に加え、新たにドイツで買付けた品々が集います。

刺繍、織り、レース、ニット、ソーイング、絵本、その他アイデアソースとなる各種アートブックや、
手仕事に寄り添うアンティーク雑貨を揃えました。

時代を経てもなお、わたしたちに新しい発見をもたらしてくれる、 ヴィンテージブックの魅力を お楽しみ頂けますと幸いです。 


■古書玉椿は…
東京・聖蹟桜ヶ丘の古本と喫茶の店。 手芸や絵本、各種アートブックや、 アンティーク雑貨を取り扱い、 年数回の海外買付にて、世界各国の手芸書を蒐集。
東京都多摩市一ノ宮2-19-1
Tel&Fax 042-319-3169
http://tamatsubaki.net 



■kick FLAG 1st Exhibition「△でできてる」
kick FLAG 初の展示をデッサンにておこないます。
三角をモチーフにしたバッグや小物など、1点ものの新作がならびます。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年5月16日[木]→ 6月2日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料


■kick FLAG (キックフラッグ) 
バッグや小物をひとつずつ手作業でつくっています。 日常使いでありつつ、アクセントのある色やかたちを心がけ作品化していきます。 バッグのアイテムを「kick FLAG」とし、2012年より始動。 ポーチなどの小物は「kick」という名前でやってます。 
http://www.kickshop.jp/





■小方英理子/個展 2010-2013
2010年から今年にわたる作品が並びます。

「骨のにおい 蹄の光沢
 羽根の帽子 ガラス玉の目
   願いを込めた編み模様
 屍を担いだ猟師 剥製の親子
 おさげのペンダントと妻のミイラ
 素材と生物の境界線
 それぞれの記憶を留める方法」


会場:デッサン | dessin
会期:2013年4月24日[水]→ 5月6日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

*限定部数の図録も販売いたします。

■レセプションパーティー
4月28日[日]15時より、レセプションパーティーを開催致します。
無料・参加自由です。お待ちしております。 

■小方英理子
1982 東京都生まれ
2005 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン科 テキスタイルコース卒業
2005–2007 NY滞在。Greenwich House Pottery にてPeter Gourfain師の元,陶芸での制作活動
2006 Greenwich House Pottery にてグループ展 (NY) 
2007 “Yu” にて個展 (NY)

URL:
http://eriko-ogata.tumblr.com

■Eriko Ogata
1982 Born in Tokyo
2005 Graduated from Musashino Art University, Tokyo (B.F.A / Textile design)
2005–2007 Stayed in NY. Worked on clay at the Greenwich House Pottery under Peter Gourfain.
2006 Group Exhibition, Greenwich House Pottery, NYC, NY
2007 Solo exhibition,“Yu”, NYC, NY






■ふぉりくろーる。花よりロシア絵本 展

ご好評をいただいております、ロシア絵本展、このたび三度目の開催となります。
「民話の宝庫ロシアで生まれた野性味溢れる葡萄酒のような味わいある絵本たち、
桜盛りの中目黒にてお待ちいたしております。」

会場:デッサン | dessin
会期:2013年3月29日[金]→ 4月14日[月] 
時間:12:00-20:00[火曜休み]

*期間中、ふぉりくろーる。さんが在廊します。
 画家のこと、お話のこと、ロシア語のことなどお聞きいただけます。
 基本 12:00 - 16:00 の予定です。(変更の場合は、Facebook 等でお知らせいたします。)

■ふぉりくろーる。
いまのロシアが、かつてソ連とよばれていた頃に
出版された古い絵本を中心に、どこか懐かしくて
ポエジーのある絵本を販売しています。 
tel. fax. 03-6902-0906
http://folklor.jp 



■大網美代子 展 装飾あそび・形あそび ―変化する空間―

デッサンと東塔堂にて、大網美代子さんの展示を開催いたします。

「服飾デザインでは, 新たなものは生まれにくい。もはや, 出尽くしている。そんな現状の中, 服飾で使用する「ボタンとボタンホール」の使い方にとらわれずに, 装飾をつけたり外したり, シルエットを変化させたりする装置として, ファッションからインテリアまでデザイン展開を試みた。変化する空間は, 動作を引き起こし, あそぶ感覚で多くの人の感性に働きかける。身近なものから, 新たなものが生まれる瞬間とそのまなざしを2つの空間で表現したい。
また, 変化する空間は, 変化し続けるデザインでもある。もっと自由に, あなたの手から, 新しい表現が紡がれていきますように…」

会場:デッサン | dessin
会期:2013年3月13日[水]→ 3月25日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

会場:東塔堂 | totodo
会期:2013年3月11日[月]→ 3月23日[土]
時間:12:00-20:00[日曜休み]
入場:無料

■布をベースに, ボタンと装飾で物語をつくる「立体お絵かき」のワークショップを開催します。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年3月16日[土]14:00 - 16:00
   2013年3月23日[土]14:00 - 16:00
定員:5名(小さいお子さまは, ご家族様とごいっしょにどうぞ)
参加費:1,000円(材料費込み)





■18世紀の交唱聖歌楽譜展

この度、デッサンでは18世紀のイタリアのヴェネチアで制作された交唱聖歌(アンティフォナ)のための楽譜の展示販売会を開催いたします。
その楽譜は4本の譜線が用いられたネウマ譜という記譜法で記されたもの。表情豊かな紙面に朱と黒、2色の活版印刷で刷られています。その楽譜の一部分、50余枚が会場に並びます。教会での祈りの空気を、紙の凹凸、インクの染み、譜面の佇まいから感じ取っていただければ幸いです。

会場:デッサン | dessin
会期:2013年1月28日[月]→ 3月3日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料












■ふぉりくろーる。冬のロシア絵本 展
 ―旧ソ連時代の絵本即売会―

今年の3月にデッサンにて開催してご好評をいただきました
旧ソ連時代の絵本即売会、この冬、二度目の開催となります。
ロシアで大切に読み継がれてきたぬくもりある素敵な絵本たち。
日本でも誰もが知っているロシア民話や世界の童話をモチーフにした親しみやすい絵本から、
アート性の高い著名挿絵画家の希覯本まで、前回を上回る品揃えでお待ちしています。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年12月7日[金]→ 12月24日[月] 1月13日[日]まで(期間延期しました!)
時間:12:00-20:00[火曜休み]

■ふぉりくろーる。
いまのロシアが、かつてソ連とよばれていた頃に
出版された古い絵本を中心に、どこか懐かしくて
ポエジーのある絵本を販売しています。
tel. fax. 03-6902-0906
http://folklor.jp





■旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケット 展
 ―本と雑貨で愉しむ 北欧手工芸の世界―

スウェーデン、デンマーク、フィンランドを主とした、
モダンでシンプルながらも温かみをもつ、北欧ならではの手工芸の世界。

現地から直接買付けた、ヴィンテージの図案集や作品集、
北欧の人気刺繍作家による新刊本などの新旧書籍や、
刺繍や織りのハンドメイドのクロスやタペストリー、
白樺細工の小物など、北欧アンティーク雑貨がデッサンに並びます。

刺繍、織り、レース、ニット、ペインティング、ウッドワークなど
北の国の様々な手仕事の魅力を伝える展示即売会です。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年11月9日[金]- 11月29日[木]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

■古書玉椿
東京・聖蹟桜ヶ丘の古本と喫茶の店。
手芸や絵本、各種アートブックや、アンティーク雑貨を取り扱う。
年数回の海外買付けにて、世界各国の手芸書を蒐集。

東京都多摩市一ノ宮2-19-1
tel. fax. 042-319-3169
http://tamatsubaki.net/




■フランス、古い紙とレースの悦び 展

古い紙とレースに触れ、眺め、自分のコレクションに。

1920年代を中心とする、レターセットやパッケージ等の紙もの、
素晴らしい技巧を堪能頂ける高級彫刻印刷店 Stern の品々、
中世の面影残るオーベルニュに眠っていた美しいアンティークレースなど…

プチミュゼ展示即売会をデッサンにて開きます。

受け継がれてきた大切なものを、現代に愉しむべく、
ブックバインダー西尾彩さんに制作依頼した紙箱「アンティークレース蒐集箱」もあわせて、展示即売会いたします。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年10月3日[水]- 10月22日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

■プチミュゼ
「プチミュゼ」は、フランス語で小さな美術館の意。
年代や国にこだわらず、日々の生活で長く愉しみ、
使い続けられるものをご提案しております。
5年程前から、フランスの古い紙、
そしてレースの奥深さに降れ、熱く探訪中。
自分の心の小さな美術館に、
そっと飾って楽しんで頂けますように。

tel. fax. 042-346-5723
http://www.petit-musee.com



■宮澤真徳 個展 モノとカタチとストーリー
 
断片化された記憶・イメージを組み合わせた、見立て、寓意の世界。
記憶を辿る。形を見つめる。図る。繋がるストーリー。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年9月19日[水]→ 9月30日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
入場:無料

☆本展にあわせ限定部数の図録も販売いたします。
こちらから図録のネット注文が可能になりました。
☆9月30日(日)17:30~19:00にクロージングパーティを開催いたします。
参加無料です。お気軽にお越しください。

■作家プロフィール
1981年 長野県生まれ。
2006年 日本大学大学院芸術学研究科造形芸術専攻博士前期課程 修了
現在  日本大学芸術学部美術学科 助手

個展
2008年 ギャラリーなつか(銀座・東京)
2009年 ギャラリーなつか(銀座・東京)
     La Branche Art Gallery(中野・東京)

グループ展
2009年 6th International Triennial of Graphic Art-BITOLA 2009 R.MACEDONIA
2010年「阿波紙と版表現展2010」-気鋭の18名による版表現展-(文房堂ギャラリー・東京)
2011年 3rd Guanlan International Print Biennial 2011
 Guanlan Original Printmaking Base, Shenzhen, China〈入選〉
日本現代版画作品展 (広州・中国)
「生みだすチカラ 日藝美術学科出身者による版画展」(星と森の詩美術館・新潟)
2012年 International Print Exhibition Yunnan 2012
     Venue Yunnan Museum, Kunming City, China〈入選〉
他、グループ展複数









■旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケット in Dessin
 
会場:デッサン | dessin
会期:2012年7月4日[水]→ 7月29日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

中目黒の古書店 デッサンで、世界中から集めた手芸やクラフトを中心とした 個性あふれるヴィンテージブック700冊を一堂に集めた展示販売会を行います。 デンマーク手工芸ギルド フレメのカレンダー、 フランスD・M・Cやカルティエ・ブレッソンの貴重なヴィンテージ図案集や、 ルーマニアやポーランドなどフォークロアを色濃く残す東欧諸国の手芸書、など、 古書玉椿が海外で買い付けた、世界各国の素晴らしい手仕事の軌跡をご覧頂けます。 刺繍、織り、レース、ニット、ソーイング、キルト、ペイント、ドールメーキング、絵本、 その他アイディアソースとなる各種アートブックや、手仕事に寄り添うアンティーク雑貨が会場に並びます。

★関連イベント:
7月7日(土)15:00-17:00会場にて古書玉椿の石井佐祐里さんによるお茶会を開きます。 本のセレクトや買付のお話を伺うよい機会です。本を探すこととあわせて、お気軽にご参加ください。入場無料。(終了しました。ありがとうございました。)


■古書玉椿は…
東京・聖蹟桜ヶ丘の古本と喫茶の店。 手芸や絵本、各種アートブックや、 アンティーク雑貨を取り扱い、 年数回の海外買付にて、世界各国の手芸書を蒐集。
東京都多摩市一ノ宮2-19-1
Tel&Fax 042-319-3169
http://tamatsubaki.net




■tonton presents
■おだわらありさのくうそうえにっき展

こどものためのアート情報誌tontonの第2号「絵本とアート」発行記念イベントとして、
やわらかい物語を内包したドローイングを作り出す、
小田原亜梨沙さんの個展を開催します。

彼女が日々を過ごす中で書き溜めてきた空想絵日記を展示。
小田原さんと一緒に「空想絵日記」を作るワークショップも開催します。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年6月20日[水]→ 7月1日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み](最終日は17時まで)
入場:無料

■アーティスト:小田原亜梨沙 http://www.odawaraarisa.com/


===================================
ワークショップ:「空想絵日記を作ろう」
===================================

小田原亜梨沙さんと一緒に、
子どもたち自身を主人公とした
空想絵日記、物語を自由に作っていくワークショップを行います。
(終了しました。ありがとうございました。)




■南澤富雄 デッサンと古道具 展

学生時代は、建築の勉強をしていたという南澤さんのアトリエは、ご自身が卒業制作で設計したものです。画材にまじって古い詩集や18世紀のコーヒーミル、パイプなどの道具が並ぶアトリエにおじゃまして、デッサンや油絵の作品と、それに、古道具もすこし貸していただきました。

会場:デッサン | dessin
会期:2012年5月16日[水]- 6月3日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]
協力:ラドリオ

■プロフィール
南澤富雄(画家・建築家)
1934  長野県安曇野に生まれる
1959  猪熊弦一郎主宰田園調布純粋美術研究室修
1959  新制作協会、読売アンデパンダン
1960  国際青年美術家展等に出品
1968  渡仏、パリ国立美術学校修
1970  サロンドートンヌ出品

個展:
1971 《パリ歩き》水彩・素描展(現代画廊)
2011 南澤富雄作品展(北欧の匠3階ギャラリー祥)








■佐藤曠一 展 隠れた形の発見
 
会場:デッサン | dessin
会期:2012年4月11日[水]- 29日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

幾何図形の仕組みの中には無限の可能性を秘めた美しい形が無尽蔵に隠れています.
それは原石の中からダイヤモンドを取り出す作業と似ています.
価値ある資源の新しい発見と同じです.

仕組みはどうなっているのか, 表から裏から. 上から, 下から, 斜めから, 横から.
縦から, 前から, 後ろから, また見えない裏側を想像するなど...
そうする事で, その中に無限の美しい形が隠れている事が分かりました.

■佐藤曠一 プロフィール
グラフィック・デザイナー

著書:
Optical Illusion Coloring Book (Dover, 1994)
Dazzling Designs Coloring Book (Dover, 1998)
ほか

個展:
1981年 ギャラリー・オカベ(銀座)
1984年 ワコール銀座アートスペース(銀座)
2004年 アートフロントギャラリー(代官山)





■とうめいな手がみの上のかくざとう
 あたらしいことばの表記法 展

会場:デッサン | dessin
会期:2012年3月21日[水]- 26日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

ことばあそびの展示です。

ふつうの「ことばあそび」のように紙の上に
書かれたことばを扱うのではなく、
ことばを宙に浮かばせたり、
つみきのようにしたり
望遠鏡からのぞくように眺めたり。
空間の中に、文字を配置することで生じる
独特な文法(3Dレトリック)を手法として用います。

(「3Dレトリック」とは、
空間上での言葉のあり方のこと。
それが本に類する既存のメディアを
越えた可能性であることを示唆する、
実験的な試みです。
くわしくは、こちら。)

■西村祐貴 プロフィール
ことばについての様々な「おもしろがり方」を発明しよう、
という活動を行っています。

1985年 東京都生まれ
2009年 多摩美術大学 情報デザイン学科芸術専攻 卒業
2012年 8月に惠文社一乗寺店にて展示予定

http://www.nishimurayuuki.com/









ロシア絵本の専門店 ふぉりくろーる 選書によるロシア絵本の展示即売会を開催いたします。



ユーリー・ヴァスネツォフ挿絵のリトグラフや、ウラジミール・レーベジェフの1920年代の復刻絵本、イワン・ビリービンや国際アンデルセン賞画家であるタチヤーナ・マーヴリナ、そして『てぶくろ』で日本でもおなじみのエフゲーニイ・ラチョフの絵本など、ソ連時代に出版された貴重なロシア絵本が300点以上集まるまたとない機会です。

会場:デッサン | dessin
期間:2012年3月2日[金]- 3月18日[日]
開店時間:12:00 - 20:00 (火曜休み)

*ふぉりくろーる
いまのロシアが、かつてソ連と呼ばれていた頃に出版された古い絵本を中心に、
どこか懐かしく、ポエジーのある絵本を販売しています。
http://folklor.jp
T&F 03-6902-0906



会期中は姉妹店 東塔堂 にも少しロシア絵本が並びます。







■飯田めぐみ: KOKORO NO OTO展

会期:2012年2月15日[水]- 2月20日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

「人の精神的な側面「記憶」と「痛み」から呼び起こされる世界と空間としての時間を、アンティークの糸や活版、ドローイングを用いて表現しています。」 お近くに来られた際は、ぜひお立ち寄りください。



活版のカード、カンバッチ、LOVEロゴのアイシングクッキーも販売します。クッキーはsac-about-cookiesにつくっていただきました。
http://sac-about-cookies.com

■飯田めぐみ プロフィール
桑沢デザイン研究所卒業後、メタスタジオ設立。たまに心理学や哲学をいれて講義などもしてます。多摩美術大学在学中です。
http://www.meta-studio.co.jp









■羽原肅郎の書き初め展

会期:2012年1月14日[土]- 1月29日[日]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

エディトリアルデザイナー羽原肅郎氏の書の展示・販売をいたします. 氏が影響を受けた言葉, 折々に立ち戻る台詞, デザインにおける啓示...新しい年を向かえたばかりの心で目にしたい作品ばかりです. そのほかに, 新年の書き初めも並ぶ予定です.
お近くにお越しの際は, ぜひお立ち寄りください.

☆関連イヴェント
1月14日 [土] 14時から17時, dessin 店内にてお茶会を開催いたします.
羽原コレクションの器に、羽原氏自らお茶をふるまいます.
無料, 参加自由. お待ちします!


また会場では羽原コレクションをテーマにしたオリジナル・カレンダー2012年版を販売いたします.

今回のカレンダーのテーマは「雑誌」. 月に合わせて12冊の雑誌が選ばれています. それぞれの雑誌に使われた書体で文字組されており, 書体見本帳にも見えます. 月に合わせた「筆記用具のコンポジション」と雑誌の撮影は羽原氏本人によるもの. デザインは前年同様、羽原肅郎+加藤勝也. 壁に掛けて使えるようになっており, 昨年より使いやすくなりました.

カレンダーの通販はこちらです.
  







■沖潤子展 ー作品集『poesy』の販売ー

針と糸による比類なき作品を作り続ける沖潤子。 作品とその心象風景を自身で撮影・デザインした作品集『poesy』の販売と同時に、芸術新潮に掲載された作品「檸檬」のほか、数点を展示いたします。この機会に作品の言葉をじかに感じてください。

会場では展覧会に合わせて制作された少部数の写真集を販売いたします。


■沖潤子展 ー作品集『poesy』の販売ー

会場:デッサン | dessin
会期:2011年11月2日[水]- 11月14日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]

■プロフィール
沖潤子
(junko oki / woky shoten)

セツモードセミナー卒
2002年より  母が残した素材で自己流の刺繍作品の制作をはじめる
2009年6月 ARTS & SCIENCE 青山 にてRecycle展
2009年12月 ギャラリーフェブにて個展「祈り」
  feve booksより 作品集「針目帖」を出版
2011年2月 DEE'S HALLにて個展「糧」
2011年7月 森岡書店にて個展「poesy」
       作品集『poesy』を自費出版








■岡田邦明写真展 浸透するかたち/浸透するひかり

このたび、東塔堂とデッサン では、写真家・岡田邦明氏の個展を2店舗同時に開催いたします。中世のロマネスク建築および彫刻を撮った「浸透するかたち」と、近代建築の窓を撮った「浸透するひかり」。どちらのシリーズも、わたしたちの〈時間〉についての想像力を刺激するような、静けさと力強さのせめぎあう画面が、印象的です。お近くにお越しの際は、ぜひ会場へお立ち寄りください。

会場では展覧会に合わせて制作された少部数の写真集を販売いたします。


■岡田邦明「浸透するかたち」
会場:東塔堂 | Totodo
会期:2011年9月19日[月]- 10月15日「土」
時間:12:00-20:00[日曜休み]


■岡田邦明「浸透するひかり」
会場:デッサン | Dessin
会期:2011年9月28日[水]- 10月24日[月]
時間:12:00-20:00[火曜休み]


☆関連イヴェント
2011年10月2日(日)15:00より、デッサン開店記念を兼ねた写真家との懇親会を開催いたします。簡単なお飲物を用意いたします。
また、16:00より、シンガーソングライター muffin が開店と展示のオープンングを記念して演奏いたします。入場無料ですので、お気軽にご参加ください。







ギャラリーレンタル・撮影スタジオ:スペースのご利用について

デッサン店内を作品の展示や撮影スタジオとしてご利用いただけます。

ギャラリーレンタル
ギャラリーレンタル業務は終了いたしました。2Fギャラリーでの展示は企画展のみとさせていただいております。展示企画のお持ち込みは承っておりますので、メールや店頭にてご相談いただければ幸いです。(お受けできない場合もございます)



撮影スタジオとしてのご利用について
デッサン店内を撮影スタジオとしてご利用いただけます。
古書やアートブックなどの本がある書店内での撮影が可能です。

ご利用料金:1時間15,000円+税~(1時間以上、1時間単位でご利用いただけます)
撮影可能時間:10:00 - 12:00
その他の時間もご利用いただけます。お気軽にご相談ください。

詳しくは撮影利用規約をご参照くださいませ。


デッサン 本屋 スタジオ撮影


デッサン 本屋 スタジオ撮影


デッサン 本屋 スタジオ撮影


MAP/地図




「中目黒駅」正面改札を出て、山手通りを駒沢通り方面へ。「TSUTAYA」の角を右へ曲がり、目黒銀座商店街に入ります。靴の修理店と理髪店の間の道を左へ曲がり、右手の最初の角地にdessinはあります。

アクセス:
東急東横線/東京メトロ日比谷線「中目黒」駅より徒歩3分



デッサン | dessin
東京都目黒区上目黒2-11-1
tel. fax. 03-3710-2310
info@dessinweb.jp

営業時間:12:00-20:00(火曜定休)








大きな地図で見る

古書・古本の買取について

古書・古本の買取はお持ち込みのみとさせていただきます。大量の場合はご相談ください。宅急便での買取のご相談は姉妹店の東塔堂へお願い致します。

過去のイヴェント


*月曜日のお客さま

「ギター、トランペット、朗読のことば。眼の歓びに、壁に映るはデッサンの本。
月曜日のお客さま、ささやかな会ですが、飲み物、おまけをご用意してお待ちしております。

たくさんの小さな音/うつくしいページは、大きな音/情報の山に隠れて、部屋の隅に仕舞われているかもしれません。
取り出して、眼に、耳にして、はっとさせられる、そんな時間は愉しいものです。
9/2月曜日、どうぞよろしくお願いします。」(企画者より)

日時:2013年9月2日[月]20:00から
入場:800円(飲み物・おまけ付き)

130902

演者:
◎江崎將史 
1969生まれ。96年より即興を軸にするライヴ活動を始める。トランペットを金属の管であると再定義し独自の奏法を数多く開発。録音物に、顕微鏡で覗いたかのような微小音をトランペットや生活廃品よりピックアップしたものなどがある。
アキビンオオケストラ主催。
popo、hose、対極に参加する。

活動については

神戸六甲在住。

◎貝つぶ
大阪西成の人。布衣の人。人呼んで「偏平足先生」ギター及びおもちゃや身の回りのもの。近年は司会、行司など。
ソロの他、アキビンオオケストラ、音遊びの会、対極、グラタンカーニバル(関西)、Black&Mountain、貝つぶと沈みっぱなしの私たち

◎井口淑子
2002年アンデルセンズ参加
2006年マコメロジー結成
2007年muffin bandコーラス参加
2013年本企画を主催

◎muffin
東京で活動する音楽家。フォーク・ミュージシャン。
アルバム「grapes」「last apple」や自主音源集などをリリース。
今回は、友情演奏です。


*Possible atmosphere Vol.1 

このたび、3組の音楽家の皆さんをお招きして、デッサンの雰囲気に合う BGMの生演奏会を開きます。演奏を聴きながら、お気に入りの本を見つけたり、楽しい時間をお過ごしいただけますよう…。(演奏中も自由に店内の本をご覧頂けます。) 



会場:デッサン | dessin
日時:2013年6月23日[日]/ 開演14:30
入場無料

演奏:
Hironobu Shimazawa(Pelktopia)
Hakobune
Motoko Kikkawa+Takashi Masubuchi

*プロフィール*

"Pelktopia"
Takashi Masubuchi(ギター、ピアノ)とHironobu Shimazawa(サンプラー、オートハープ、シンセ、壊れた配線、廃タイヤetc...)によるユニット。戦前ブルース、様々なフォークミュージックに影響を受け、自然発生的、構造的な即興演奏を通し、原始性、情動性の表現を追求する。2013年より運営する自主レーベルYōgoh Recordから英サイケデリックユニットAshtray NavigationsとのスプリットLPをリリースする。

"Hakobune"
アンビエント・ドローン作家。1986年生まれ。兵庫県出身。レイヤーを重ね合わせ、音風景を描く。2007年に活動を開始し、2011年には北米ツアーを敢行。これまでに39作のアルバムを各国のレーベルから発表している。2013年には、Greenup Industries、Phage Tapes、Pocket Fields、Organic IndustriesからLP、テープ、CDがリリースされる。

"Motoko kikkawa"
ニュージーランド在住。現代アーティスト、ヴァイオリニスト、即興演奏家。
3歳の頃よりクラシックの教育を受け、彫刻家を志す道すがら、様々なロックグループ、非常階段を始めとするノイズミュージックに影響を受け音楽家としてのキャリアもスタートさせる。現在はスカルプチュアアートの製作、ギャラリーへの作品提供や自身のオーガナイズによるインスタレーション等の活動を主に行う。又、音楽家としてはヴァイオリンを使った即興演奏を行い、ニュージーランド国内の多くの実験的グループ、ユニットに参加する。 



*よみきかせの会 "オカッパとチョコレイト"


はじめての読み聞かせの会を開きます。
朗読×歌×音楽のガールズユニット"おかっぱ~ず"をお招きして
ほっこり、クスクスなひとときをお届け致します。
バレンタインデー直前の休日、懐かしの絵本や詩とポップでノスタルジックな生演奏で心暖まるひとときを...。

会場:デッサン | dessin
日時:2012年2月12日[日]/ 開演15:00
入場無料・チョコレイト付

*おかっぱ~ず
パパ・タラフマラ舞台芸術研究所にて出会った、体型の良く似た斉藤順子、柳本小百合で結成。
ユニット名は、二人が人生の大半をおかっぱで過ごしてきたことに由来。



*はじめての演奏会を開きます。



音楽作りをされているお二人、 muffin と 加藤りまさん のそれぞれ弾き語りと、
お二人で合奏をしてくださる予定です。音楽と本、ぜひお楽しみください。

会場:デッサン | dessin
日時:2011年12月11日[日]/ 開場17:30 開演18:00
入場料:500円(1ドリンク付)


*加藤りま
ストロオズ解散後のブランクを経て近年ソロでの音楽活動を再開。
ローファイ・ポップを通過しフリー・フォークを経たような哀愁を帯びながらも透明感のある歌声は、
ぽつぽつと進むようなシンプルなアレンジの楽曲によって際立って響く。
復帰後の音源には、Aotoaoレーベルからの”casiotone compilation 2”に楽曲が収録。
さらにカセット・テープ専門レーベルのWating For The Tapesより2本の作品がリリースされている。
http://soundcloud.com/rima-kato

*muffin
古き良きフォークに傾倒し活動する音楽家。2009年1stフルアルバム「grapes」をリリース。
その後、音楽家Mattia Coletti (伊)とスプリットEPをリリース、2010年秋 共にイタリアツアーを行う。
今年初夏 再びイタリアへ渡り、Coletti の助力を得て新作録音、12月 鳥獣虫魚よりリリースの予定。
http://myspace.com/muffinjp

公費でのご注文について





デッサンでは高校・大学・専門学校などの教育機関、図書館・美術館などの公共施設の公費(後払い)でのご注文も承っております。請求・納品・見積・古書価格認定書発行可能です。(注:請求元は、東塔堂になります。)お電話・FAX・メール(info@dessinweb.jp)宛に、ご担当者様名をお書き添えの上、お気軽にお問い合わせくださいませ。

旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケット in dessin vol.5 -北欧・バルト三国・東欧の手芸書展-(2/27 - 3/15)


玉椿展vol.5

■旅する本屋 古書玉椿のクラフトブック・マーケット in dessin vol.5 -北欧・バルト三国・東欧の手芸書展-

モダンで優れたデザインをそなえた、北欧ならではの手工芸の世界。
そして独特のフォークロアを色濃く残すバルト三国や東欧の手仕事の数々。

ヨーロッパの国々を旅して集めた、魅力あふれる手芸古書と 一部の新刊書籍を集めた販売会を行います。

デンマーク・フレメの刺繍本、エストニアやラトビアのミトン本、スウェーデン織りのパターン集など、 多岐に渡るジャンルの書籍が集います。

古い時代に誰かが親しんだ手芸書から、または古い時代から受け継がれてきた手仕事から、 新しいインスピレーションを得る。そんな楽しみときらめきが、きっとここで見つかるはずです。


会場:デッサン | dessin
会期:2015年2月27日[金]→ 3月15日[日]
時間:12:00-20:00(火曜定休/最終日は17時まで)
入場:無料



■EVENT

◎白樺細工のワークショップ
3月14日(土)
(1) 13:00~ 針山かご作り 参加料: 4,000円
(2) 15:30~ シザーケース作り 参加料: 4,200円

講師: 鎌田祐子(せいせき白樺部 主催)
各回定員5名 古書玉椿HPからお申込みを受付けます。

◎キット販売
会場にて『ツヴィストソムと北欧刺繍』著者・手芸作家kiccaによる刺繍キットの販売もいたします。


■古書玉椿は...
高松にある古書店。
手芸や絵本、各種アートブックや、アンティーク雑貨を取り扱う。
年数回の海外買付にて、世界各国の手芸書を蒐集。
Tel&Fax: 087-813-3970
http://tamatsubaki.net/

ページトップへ