カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

堀池真美「家と言葉の外に出る2 ベルギー編」



旅は、知らない空気を吸い込む。
海と一緒に言語も飛び越える。
新しい速さで回る、私の日本人脳みそ。

旅は、近くと遠くを結ぶ。
ときどき誰かに手紙を書くように、
離れた日本に思いを巡らせる。

家と言葉の外に出る。
光、風、音、味、香り、知らないことばかり。
吸い込んだ空気を、家に帰って絵と言葉にする。



会場:デッサン | dessin
会期:2021年4月21日[水]→ 4月26日[月]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



堀池真美 Mami Horiike

1985年神奈川県横浜市生まれ。2009年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、2011年同大学大学院修士課程修了。挿絵、CD、WEB、パッケージ、ロゴなどでイラストレーションとデザインを手がける。絵と言葉の関わり合いによる表現に焦点を当て、詩集、エッセイ集を制作。2012 年メキシコ国際ポスタービエンナーレ入選。2017年日本ブックデザイン賞北越紀州製紙株式会社賞受賞。

mami-horiike.com






吉田薫「百乳」





百乳(ももちち)

池のほとりで踊りたい。
ボートでお茶を啜りたい。
春はおっぱいのドローイングをお届けいたします。
どうぞご覧ください。

-

会場:デッサン | dessin
会期:2021年3月26日[金]→ 4月11日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料

-

drawer 吉田薫

線画家。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
女性の身体の線を表現する他、
ロゴやうつわなどへドローイングを提供。

http://chimelmobile.net/kaoruyoshida/
instagram @kaoryosh

                                                               

emika komuro solo exhibition



在るのに無い。無いのに在る。物質的にはそこに無いけれど確かに在る感覚。
ときめきや感動をともなうその純粋な感覚はまるで宝石のようで、心の宝箱にそっとしまっておきたいような、本当の意味での存在であるように思います。
手に取りたいけど手に取れない”何か”が形になったらどれだけ美しいことだろう、という一心で採集するようにドローイングを描き、それをもとにジュエリーをつくっています。



会場:デッサン | dessin
会期:2021年2月13日[土]→ 2月28日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



emika komuro

2012-2016:武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 金工専攻
2012-2018:オーダーメイドジュエリー店にてデザイナーとして勤務
ー現在:彫金・七宝技術を主に使った工芸・ジュエリー作家として作品を制作

emikakomuro.com
instagram @emika.komuro








SWISH!「OFF THE SHELF」



ハンドメイド・ニットの SWISH!より、展示と販売「OFF THE SHELF」のお知らせです。

今回はベストを編みました。
ベストは1枚かぶるだけでも、暖かくて雰囲気も変身するアイテムです。ご覧の通り、とても簡単なデザインです。片側が無地で、もう片側にはステッカーを貼り付けたような模様が編んであります。SWISH!としては模様が背中の気分なのですが、どちらを前にしても着ることができます。

ニットキャップ、ハンドウォーマー、フードのネックウォーマー、キッズのベスト、キッズのハンドウォーマー、ニット人形 KIDS IN THE CITY / CAT IN THE CITY / MOJA NEKOなど、いつものニットも並びます。



会場:デッサン | dessin
会期:2021年1月15日[金]→ 1月31日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



SWISH! / 和山弘子
HIROKO WAYAMA

女子美術大学芸術学部工芸科で染織を専攻
卒業後はレコード会社10年勤務、退職後にハンドメイド・ニットの SWISH!をスタート。
1年間編んだものを、寒くなってきたら展示・販売する定例「 OFF THE SHELF」シリーズを継続中。

instagram @swish_knitting






川地あや香 展



この度dessinにて、「川地あや香展」と題し、金工作家/菓子制作家として活動する川地あや香の作品とお菓子を販売します。金属をたたき出したカトラリー・プレート・トレイなどの道具に加えて、お菓子の缶などプレゼントにもおすすめな品が並びます。

*初日終日と、2日目のオープン直後の時間帯は完全予約制とさせていただきます

川地あや香 展 初日と2日目の来店予約ページはこちら SOLD OUT






川地あや香 展
会場:dessin | デッサン
会期:2020年12月12日(土)→12月20日(日)
時間:13:00-18:00
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books





川地 あや香(かわち あやか)
山形県在住の金工作家。
スプ-ンやプレートなど食まわりの道具を制作している。
菓子制作家でもあり、「カワチ製菓」として焼き菓子も販売している。
著書にレシピ本「おやつとスプーン」がある。
https://www.kawachiayaka.com/
instagram: @kawachingkawachi











NATSUMI KOBAYASHI 「THERE AND OVER THERE」



この度、小林夏美の版画展を開催いたします。
2019-2020の記録です。

-

ずっと遠くのそこに着いたとき、ああたしかにあったのだなと思いました。 そしてここにもそれはあるのでしょう。





NATSUMI KOBAYASHI 「THERE AND OVER THERE」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年11月7日(土)→11月23日(月・祝)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books





小林夏美 NATSUMI KOBAYASHI
版画作家。リトグラフを基にした版を用いモノプリントを制作している。
HB Gallery File Competition Vol.28 鈴木成一賞
暮しの手帖連載「あの時のわたし」挿絵担当中。
https://www.kobayashinatsumi.com
instagram: @natsumikobayashi_p







おおはしたくま 個展 そうぞうするかんけい




紙に描き置かれたオブジェとことば。
その二つの関係を想像することが本展のテーマです。
顔が描かれたオブジェと、その近くに置かれることばとの関係に、
ぼくは勝手に想像を膨らませては心を動かされてしまいます。
紙の間に確かに存在する不確かな関係に何を見るか。
ぜひ会場でご覧ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。





おおはしたくま 個展 「そうぞうするかんけい」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年10月14日(水)→10月19日(月)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00/最終日は16:00まで)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books





おおはしたくま
1997年愛知県生まれ。
主に絵とことばの間を想像することをテーマに作品を制作。
instagram: @ohashi_takuma
Twitter: @ohashi_takuma














JTCW2020 丸亀うちわ × 林青那



「JAPAN TRADITIONALCRAFTS WEEK 2020」期間中、dessinでは「丸亀うちわ」を展示販売いたします。特別企画として、林青那の絵付けによる丸亀うちわを限定販売いたします。印刷ではなく、手書きの原画を伝統工芸士・三谷順子がうちわに仕立てた全て絵柄の異なる一点ものです。ほかにも、三谷順子による色あざやかな「小判色和紙渋うちわ」などが並びます。この機会にお手にとってご覧いただければ幸いです。





JTCW2020 丸亀うちわ × 林青那
会場:dessin | デッサン
会期:2020年9月4日(金)→ 9月17日(木)
時間:12:00 - 18:00
入場:無料
協力:株式会社OIKAZE
instagram: @dessin_books

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK(JTCW)
日本各地で作られる「伝統的工芸品」を東京の30のライフスタイルショップで紹介し、「創り手」「売り手」「使い手」を繋ぐ、年に一度、14日間だけの応援イベント。 https://jtcw.jp/2020/





プロフィール:

林 青那 Aona Hayashi
イラストレーター / 画家
桑沢デザイン研究所卒業 / 東京都在住
2014 HB FILE COMPETITION vol.24 大賞(鈴木成一賞)
https://www.aonahayashi.com
instagram: @aonahayashi



三谷 順子 Junko Mitani
「丸亀うちわ後継者育成講座」第1期生(1999年)。 講座終了後も伝統工芸士に師事し、本格的修行に入る。 骨の第1人者である冨羽昇三朗氏からは「早い作業でいいものを作ること。数をこなし手間を惜しまず」、貼りの第1人者である早川喜美子氏 からは「買う人の身になり、手に取って見てもらえるものを」、と教えられ、 以来約20年技を磨き続けている。
2001年、講座受講生が運営する「うちわ工房 竹」を丸亀城内にオープン。観光客向けに実演をしながら土産品となる竹うちわを日々制作。 自宅にも「うちわ工房 三谷」を構え、独自の作品の制作にも取り組む。 現在の目標は、時代に応じた新たな作品づくりをし、若い世代に技術の伝承をしていくこと。

2005年第30回全国伝統的工芸品コンクール 生活賞受賞
2010年度グッドデザイン賞特別賞 / 中小企業庁長 官賞受賞
2019年度かがわ県産品コンクール 知事賞(最優秀賞)受賞
https://marugameuchiwa.jp






木村高一郎 写真展「ことば」




この度、木村高一郎 写真展 「ことば」を開催致します。

自宅の天井にカメラを設置し、自動で10分毎に2年間撮影し続けた結果、約10万枚の膨大な作品が作り出されました。
そこには、偽りのない家族の肖像が写し出されています。仲睦まじく寝ている親子、昼寝する息子、読書する母親など、その光景はまるで会話をしているようでもあり、 もはやそこには”ことば”は必要ないのかもしれません。

「他人の家を覗き込んでいるような、見守っているような、絵本をみているかのような、そんな写真になればいいなと。」と木村は語っています。
この作品をみていただき、家族のきずなを考える機会になれば幸いです。



木村高一郎 写真展 「ことば」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年9月25日(金)→10月11日(日)
時間:12:00-18:00
  (日曜日のみ13:00-18:00/最終日は17:00まで)
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books



略歴
木村高一郎 Koichiro Kimura
1975年生まれ
千葉県出身
京都芸術大学 中退
URL: http://koichirokimura.com


個展
2014年  「ことば」展   EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2015年  「境界線」展   Soup/落合
2017年  「ともだち」展  EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2018年  「ともだち」展  MARÜTE GALLERY
2018年  「ことば」展   キチジョウジギャラリー
2019年  「ともだち」展  B-PLATFORM ソウル
2020年  「ことば」展   うしお画廊 


グループ展
2012年  3331EXPO 3331 ArtsChiyoda
2014年  The epSITE Selections EPSON IMAGING GALLERY epSITE
2014年  写真新世紀 東京展 2014 東京都写真美術館
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 田園城市(台湾・台北)
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 綠光+marüte(台湾・台中)
2017年 「New generation Japanese Photograher Images of Life」 高雄市立歷史博物館(台湾・高雄)


写真集
2017年  『ともだち』(リブロアルテ)
2017年  『ことば』 (リブロアルテ)


受賞歴
2014年  写真新世紀 佳作 (椹木野衣 選)
2017年  日本ブックデザイン賞 ブックデザイン・パブリッシング部門銅の本賞入賞『ことば』
2017年  日本ブックデザイン賞 ブックデザイン・パブリッシング部門入選『ともだち』









大塚文香「FACES」



この度、dessinにて大塚文香個展「FACES」を開催致します。最もその人を表していながら、鏡や映像を通してしか見ることができない自分の顔。近くにありながら、決して辿り着けないという困難が、その魅力の一つでもある「顔」をテーマに制作していただきました。今回はプリントとドローイングを組み合わせた作品となります。マスクをつけて会場、もしくはオンラインにてご覧ください。



ひとりのときは無意識に、鏡で顔を見てしまう。

鏡にうつるわたしの顔、
写真にうつるわたしの顔、
あなたにうつるわたしの顔。

どこにも映っていない顔は、一体どんなものだろう。

(大塚文香)




大塚文香「FACES」
会場:dessin | デッサン
会期:2020年8月21日(金)→ 8月30日(日)
時間:12:00 - 18:00 、日曜日のみ13:00 - 18:00
定休:火曜日
料金:無料
instagram: @dessin_books



大塚文香 ayaka otsuka
イラストレーター
1989年 滋賀県うまれ、東京都在住
京都精華大学イラストレーションコース卒業

2019年『イラストレーション』第211回ザ・チョイス入選(佐藤亜沙美氏 審査)
2020年 HB Gallery File Competition vol.30 永井裕明賞

twitter: @ayakaootsuka
instagram: @ayakaootsuka




ページトップへ