カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

ササキエイコ「far (trace the air)」



dessinでは2年ぶりとなる、ササキエイコの個展「far (trace the air)」を開催します。
新作のコラージュ、ペインティングほか、現在取り組んでいる自主企画「my favorite ___ 」の原画なども展示します。ぜひご覧ください。



「far (trace the air)」
遠くへ行きたい と思うと同時に帰りたくなった
曇った窓をすり抜けてつめたい空気にふれてみる
ササキエイコ




会場:デッサン | dessin
会期:2024年6月14日[金]→ 6月30日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



ササキエイコ
兵庫県神戸市生まれ 東京都在住
グラフィックデザイナー、イラストレーター、アーティスト。
2012年 京都精華大学デザイン学部卒業。
鈴木成一デザイン室、nipponiaでの勤務を経て2023年独立。

https://linktr.ee/ekssk



大塚文香 道具と物理 /『道具のブツリ』刊行記念展



この度、『道具のブツリ』(雷鳥社)の刊行を記念し、
イラストを担当した大塚文香の展示を開催します。
ぜひご覧ください。 



会場:デッサン | dessin
会期:2024年5月17日[金]→ 6月2日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



『道具のブツリ』
理にかなったものは美しい
25個の生活道具とそこに隠されたブツリをひも解く、
風変わりで、やさしい、物理学の入門書。

文: 田中幸, 結城千代子
絵: 大塚文香
デザイン: 宮古美智代
出版社: 雷鳥社



大塚文香 ayaka otsuka
イラストレーター。1989年滋賀県生まれ。
書籍などのイラストレーションを中心に活動。
2020年HB Gallery File Competition vol.30 永井裕明賞。
https://ayakaotsuka.tumblr.com
instagram: @ayakaootsuka                       




コマツタスク個展「BIG PIZZA」



dessin(デッサン)にてコマツタスクのイラストレーションをまとめた展示を開催します。
店舗内の絵本、画集、写真集と共に楽しんでいただけたら幸いです。

ぜひお立ち寄りください。



会場:デッサン | dessin 2F
会期:2024年4月20日[土]→ 5月6日[月]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



コマツタスク Tasuku Komatsu
instagram: @tskkkx
Web: i.fileweb.jp/komatsutasuku


主なお仕事:
SWALLOWS Summer Night Festival(明治神宮球場)、SEKAI NO OWARI/sumika/Lucky Kilimanjaroグッズ制作,TBS RADIO NEWS PODCAST等々。 



【経歴】

多摩美術大学大学院絵画専攻油画研究領域修了
18年 タケダA R T プロジェクト選出。ロシア、サンクトペテルブルク/モスクワにて作品展示。
22年 第224回玄光社イラストレーション『ザ・チョイス』 入選

23年 第28回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ 入選。ポーランド、ワルシャワにて作品展示。




西川亮太「エンドレス・アイスクリーム・タイム」





この度、西川亮太の作品展「エンドレス・アイスクリーム・タイム」を開催いたします。



デッサンでの展示は今回が初めてとなります。

おもに印刷物や着彩された紙などを用いてコラージュをつくっています。
そのほか、静物画、人物画、抽象画なども描きます。
どうぞよろしくお願いします。



会場:デッサン | dessin
会期:2024年3月16日[土]→ 3月31日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



西川亮太 Ryota Nishikawa
instagram: @nishikawaryota

                                                                                                            

『小さなラヴェルの小さな物語』展 - 東京編 -



アメリカの作家 コンガー・ビーズリーJr. によって2015年に書かれた『小さなラヴェルの小さな物語』。フランスの偉大な作曲家である モーリス・ラヴェル が主人公の楽しくて心温まるファンタジー小説です。

その物語は「web press 葉っぱの坑夫」上で日本語に翻訳され、連載されました。 そして昨年、晴れて書籍化されました。

本の出版を記念し『小さなラヴェルの小さな物語』の挿絵の原画を基軸とし、 絵を担当した たにこのみ が新たに物語の世界観をイメージした作品とともに展示し、本の販売を行います。



主人公モーリス・ラヴェルが、ユニークで魅力的なキャラクター達に出会いながらフランスからスペインを縦横無尽に大冒険する物語。物語自体はフィクションではありますが、実在したラヴェルの人柄も反映されていて、ドラマチックな展開の中に作曲家の作り手ならではの喜びや葛藤や信念なども描写されています。そんな、一筋縄ではいかない奥行きのある世界観を、絵と共にお楽しみいただけましたら幸いです。



会場:デッサン | dessin 2F
会期:2024年1月9日[金]→ 2月4日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



<イベント>
「エアポートラヴェル in TOKYO」
主人公モーリス・ラヴェルと共に冒険している
あなたの似顔絵をお描きします。
さあ、刺激的な世界へと いざ出発!
在廊時随時ゆるやかに開催。
在廊のタイミングはたにsnsでお知らせいたします。
一回¥3,000(特別な封筒にお入れします)



『小さなラヴェルの小さな物語』
著者 コンガー・ビーズリーJr.
訳者 だいこくかずえ
絵  たにこのみ
装丁 ⻆谷慶 (Su-)
発行所 葉っぱの坑夫
https://www.happano.org/



たにこのみ・画家
どこかすっ飛んだ愛嬌ある世界やいきものを描く。
Instagram:@konomitani
Twitter:@tanikonomi





小縞山いう 鈴木いづみ 二人展「しるすされない」





小縞山いう、鈴木いづみの二人展「しるすされない」を開催いたします。前回の「寒天景色」に続く、詩のインスタレーションです。関連企画として、小縞山いうが選書した詩集をいくつかご紹介いたします。



ステートメント:

言葉は万能ではないと、それを扱うたび感じてきました。
どんなに尽くしてもあらわしきれないこと・こぼれ落ちてしまうものがある。

詩は伝達言語ではないため、伝えたい事柄が明確にそこにあるとは限りません。
それでも、選ばれた言葉の連なりからはみ出してしまう意図のようなものはあるのではないか。
それらを拾い上げ形にすることは、詩の影を作ることに似ているのかもしれません。

しるすことは、しるされないことと共にあります。



会場:デッサン | dessin
会期:2023年12月9日[土]→ 12月24日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



小縞山いう Iu Koshimayama
詩人
第56回現代詩手帖賞受賞
詩集『リリ毛』(2018年、思潮社)
twitter: @iu_ko

鈴木いづみ Izumi Suzuki
静岡県生まれ
布・紙など様々な素材を用いた絵とインスタレーションを制作
また一点ものの人形や袋のブランド「BEBEK」での活動も行う
twitter: @moufu_pool
instagram: @moufu_pool

                                                                                                            

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2023 丸亀うちわ × 坂内拓



「JAPAN TRADITIONALCRAFTS WEEK 2023」期間中、dessinでは「丸亀うちわ」を展示販売いたします。特別企画として、坂内拓のイラストがプリントされた丸亀うちわを限定販売いたします。ほかにも、三谷順子による色あざやかな「小判色和紙渋うちわ」などが並びます。この機会にお手にとってご覧いただければ幸いです。





JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2023 丸亀うちわ × 坂内拓
会場:dessin | デッサン
会期:2022年11月10日(金)→ 11月23日(木)
時間:13:00 - 18:00
入場:無料
協力:株式会社OIKAZE
instagram: @dessin_books

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK(JTCW)
日本各地で作られる「伝統的工芸品」を東京の素敵な29のライフスタイルショップで紹介し、「創り手」「売り手」「使い手」を繋ぐ、年に一度、14日間だけの応援イベント。
https://jtcw.jp/2023/





プロフィール:

坂内 拓 Taku Bannai
東京生まれ、日本在住。
コラージュ作品をメインに、広告、書籍や雑誌、音楽分野のアートワークに携わる。日常風景を叙情的に捉える視点や、作品に余白を作るミニマリストスタイルは、見る者に想像の余地を残し、様々な物語を紡いでいく。
主な実績に、TOYOTA、SUNTORY、ANA、MINI、The New Yorker、新潮社、マガジンハウスなど。

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
MJイラストレーションズ修了。
https://www.bannaitaku.jp
instagram: @takubannai
twitter: @TakuBannai


三谷 順子 Junko Mitani
「丸亀うちわ後継者育成講座」第1期生(1999年)。 講座終了後も伝統工芸士に師事し、本格的修行に入る。 骨の第1人者である冨羽昇三朗氏からは「早い作業でいいものを作ること。数をこなし手間を惜しまず」、貼りの第1人者である早川喜美子氏 からは「買う人の身になり、手に取って見てもらえるものを」、と教えられ、 以来約20年技を磨き続けている。
2001年、講座受講生が運営する「うちわ工房 竹」を丸亀城内にオープン。観光客向けに実演をしながら土産品となる竹うちわを日々制作。 自宅にも「うちわ工房 三谷」を構え、独自の作品の制作にも取り組む。 現在の目標は、時代に応じた新たな作品づくりをし、若い世代に技術の伝承をしていくこと。

2005年第30回全国伝統的工芸品コンクール 生活賞受賞
2010年度グッドデザイン賞特別賞 / 中小企業庁長 官賞受賞
2019年度かがわ県産品コンクール 知事賞(最優秀賞)受賞
https://marugameuchiwa.jp










横山雄「得体の知れない人たち」



2019年にdessinで開催した個展「Frameworks」と、そこで先行販売をした作品集『FRAMEWORKS』は、そのあとも全国各地をまわりながら新作展を行う長いシリーズになりました。今回企画展のお話をいただいて、長旅の出発点に帰ってくるような思いです。
dessinに帰ってくるまでの活動報告として、この4年間の間に描いてきた新作をもう一度綴じる必要を感じました。『FRAMEWORKS』からはじまって、ここに辿り着いたよ、という本を作りました。
あたらしい作品集『BODYCOAST』の先行販売と、綴じることで区切りをつけて、ここからまた新しい絵と出会える未来を「得体の知れない人たち」という題に込めました。 2023年最後の個展を、どうぞよろしくお願いいたします。



会場:デッサン | dessin
会期:2023年11月3日[金]→ 11月19日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



横山 雄
東京都出身、画家、デザイナー、イラストレーター。第83回毎日広告デザイン賞最高賞受賞。沢木耕太郎『旅のつばくろ』、村上春樹×柴田元幸『本当の翻訳の話をしよう 増補版』の装画、世田谷美術館「マルク・シャガール 版にしるした光の詩」のアートディレクションなどを手掛ける。
http://yokoyamaanata.com



庄野紘子「gin」



作品展「gin」を開催いたします

ginは銀色
月や鏡 夜の意味があるのが好き
すきなうたにもよくでてくる 銀

あなたのストーリーで自由に見てほしいからこれまでは
絵にタイトルをつけなかった

でも投げないと返ってこないみたいで
毎夜描いている日記みたいにことばを
わたしは投げることにした
ginではすべての絵にタイトルがついている

じぶんの良さってわからなかったり
見えなくなったりするから
誰かに言われたわたしのいいとこを
思い出し 戻りながら 描いた

ぜひ みにきてください♡



会場:デッサン | dessin
会期:2023年10月7日[土]→ 10月22日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



庄野紘子
イラストレーター
書籍装画 文芸誌 雑誌などで絵を描いています
主なクライアントに 集英社 小学館 河出書房新社 マガジンハウス 神戸阪急など
https://shonohiroko.tumblr.com/
instagram: @shono_illustration
twitter: @hikarikasaball


坂内拓「焦点」





絵のイメージがどこまで伝わるかはいつも手探りで、ときには自分だけの思い込みのような気さえする。
小さく追うのか、大きく捉えるのか、そもそもどちらでもないのか。
これをただ繰り返している。これからもそうなのだろうか。

作品展「焦点」を開催します。
2023年最後の個展になります。どうぞよろしくお願いします。



会場:デッサン | dessin
会期:2023年9月16日[土]→ 10月1日[日]
時間:13:00-18:00[火曜休み]
入場:無料



坂内 拓

東京生まれ、日本在住。
コラージュ作品をメインに、広告、書籍や雑誌、音楽分野のアートワークに携わる。日常風景を叙情的に捉える視点や、作品に余白を作るミニマリストスタイルは、見る者に想像の余地を残し、様々な物語を紡いでいく。
主な実績に、TOYOTA、SUNTORY、ANA、MINI、The New Yorker、新潮社、マガジンハウスなど。

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
MJイラストレーションズ修了。

https://www.bannaitaku.jp
instagram: @takubannai
twitter: @TakuBannai

ページトップへ